骨髄移植によって命を救われたルーラー山口プロ企画のイベント「ジェイリースプレゼンツ 骨髄バンクチャリティ麻雀大会2023 in 仙台」開催! | 麻雀新聞

骨髄移植によって命を救われたルーラー山口プロ企画のイベント「ジェイリースプレゼンツ 骨髄バンクチャリティ麻雀大会2023 in 仙台」開催!

■4年ぶりに骨髄バンクチャリティ麻雀大会が開催!

2023年(令和5年)7月9日(日)、「ジェイリースプレゼンツ・骨髄バンクチャリティ麻雀大会2023in仙台」が宮城県仙台市にある健康マージャンサロン『杜の都』にて開催された。

骨髄バンクチャリティ麻雀大会実行委員会が主催し、特定非営利法人全国骨髄バンク推進連絡協議会が後援、そして健康マージャンサロン『杜の都』と月刊誌『麻雀界』が協力という連携で4年ぶりの開催となった。

第1回の「骨髄バンクチャリティ麻雀大会」は、2005年に『ニューロン麻雀スクール蒲田校(東京都大田区)』で開催された。大会主幹のルーラー山口プロが骨髄バンクを通じドナーから骨髄移植を受け一命を取り留めてから3年4ヶ月後の事。骨髄移植後だからと見違えるように元気になる訳ではなく、体力は落ちる。「自分ができる範囲で続けられることは何だろう。それは想いがあるもの。好きな麻雀に関わっていこう」と思い立ち、「骨髄バンクチャリティ麻雀大会につながってゆく。

■大会開会式

12時ちょうど、開会式が始まる。

ルーラー山口プロは、「業界への貢献をしたいと考えた。骨髄バンクはドナーと直接会えない仕組み。イベントで恩返しをしようと思った。楽しく麻雀を打ちましょう!」と大会への想いを語る。

大会「冠」スポンサーであるジェイリース株式会社の中島拓代表取締役会長は、「コミュニケーションゲームである麻雀を通じて、人との繋がりを再認識し、生きるチャンスの受け皿である骨髄バンクを知ってもらい、命の尊さについて考える一日になれば幸いです。」と大会への想いを伝える。

全国麻雀業組合総連合会理事長でもあり健康マージャンサロン『杜の都』オーナーである高橋常幸氏が、開催できたことの喜びと感謝を語り、「東京はいろいろなイベントがある。仙台で開催したかった」と抱負を述べる。

ルーラー山口プロと高橋氏は15年来の知人のご縁が仙台の開催につながっている。

司会は仙台出身の鹿海なべ子プロ。ハイテンションでめちゃめちゃ明るい。チャリティの募金箱、本マグロ1キログラムのチャリティーオークションの説明を大きな身振りで話す。

■大会を盛り上げる

プロ雀士も多彩

二階堂瑠美プロは「骨髄バンクチャリティを通じて麻雀の楽しさ、健康のありがたさ、そして骨髄バンクの必要性を伝えたい」と大会主幹を務め、第2回大会からずっと運営に携わっている。

上田唯プロは「みんなで楽しく素敵な時間を作っていきたい。この大会を通じて一人でも多くの笑顔が増えますように」と願いを込めて参加。

仙台出身の早川林香プロは、「ルーラーさんと出会うことが無ければ、そもそもルーラーさんに骨髄を提供してくれた方がいなければ…それって運命だと思いませんか?そう考えたら骨髄バンクのドナー登録に行っていました。骨髄バンクのことが少しでも伝えられれば」と参加した。

初参加の水瀬千尋プロは「ご縁があって参加させていただくことができました。私でも誰かのお役に立てるのであれば、こんな幸せなことはありません。麻雀は真剣に打ちます」との意気込みで参加。

「骨髄バンクのことで自分にできることがあることを知り」と大好きな地元開催の今大会初参加は望月涼香プロ。

角谷陽介プロは高橋氏とのご縁でサポートスタッフとして参加している。

■競技開始

想い多きプロ雀士の皆さんと、関東・九州・地元仙台から集まった麻雀愛好家の皆さんが麻雀卓を囲み半荘4回戦のひと時をを和やかに過ごした。

17時からは、チャリティオークション。司会を務める鹿海プロとのご縁で地元の漁師村上さんの本マグロ1キログラムのオークションで会場は盛り上がる。

コロナ禍を乗り越えてご縁がご縁を繋ぎ4年ぶりに開催できた大会を振り返り、閉会式は幕を閉じる。

※チャリティー麻雀大会開催希望の方、ご連絡を。

チャリティー麻雀大会の開催希望をぜひお寄せください。

Twitter・@ruler_yamaguchi

関連記事

おすすめ記事

  1. 現在、124団体(高校から大学の麻雀部およびサークル)の加盟団体ならびに約4565人の小学生から大学…
  2. 「麻雀店経営サポート」今月は、風営法許可後に起こるあれこれの出来事について詳しく解説していきます。特…
  3. 大好評連載「今夜、麻雀の楽しい未来を語りましょう!」。 こちらのコーナーを担当するのは、日本プ…
  4. フォトグラファーでもある愛内よしえプロの撮り下ろし写真で女流プロを紹介する 「MAHJONG …
  5. 日本最大のプロアマオープンタイトル戦「麻雀最強戦2024」がいよいよスタートした。2024年(令和6…
  6. 「明治安田生命保険相互会社」×「一般社団法人日本健康麻将協会」×「自治体」が協働!全国で健康マージャ…
  7. 大好評「今夜、麻雀の楽しい未来を語りましょう!」。 こちらのコーナーを担当するのは、日本プロ麻…
  8. フォトグラファーでもある愛内よしえプロの 撮り下ろし写真で女流プロを紹介する 「MAHJ…
  9. 健康マージャンの定着やMリーグの誕生、『雀魂』等のネット麻雀の人気、そして今や、少女漫画誌に麻雀をテ…
  10. 2024年(令和6年)1月26日(金)・27日(土)の両日、宮城県仙台市において「麻雀フェスティバル…
株式会社ささき

株式会社ささき

オンライン麻雀 Maru-Jan

オンライン麻雀 Maru-Jan

友だち追加 

ピックアップ記事

  1. 毎春恒例の健康麻将協会最大のイベント開催! 「第31回健康麻将全国大会」 「第36回家族…
  2. 現在、124団体(高校から大学の麻雀部およびサークル)の加盟団体ならびに約4565人の小学生から大学…
  3. オンライン麻雀『Maru-Jan』20周年記念イベント 東京都『有明コロシアム』を舞台に今世紀…
ページ上部へ戻る