マツオカ株式会社代表取締役会長・松岡博文氏逝去

マツオカ株式会社代表取締役会長の松岡博文氏が、2023年(令和5年)7月25日(火)14時35分、脳出血のため逝去されました。

葬儀は近親者のみで家族葬で執り行われ、お別れの会などについては詳細が決まり次第発表があるということだ。

松岡氏はマツオカ株式会社の2代目社長として、西日本を中心に全国の麻雀店・麻雀営業者・麻雀愛好者のために麻雀卓をはじめとした麻雀用具を製造・販売してきた。

2018年(平成30年)には、N PO法人ニューロンとの共催で「ニューロン子供麻雀教室大阪校」を開催し、ライフワークともいえる子供たちのための麻雀環境確立に尽力してきた。

今年の2月には社長を娘の山下真理氏に引き継ぎ、会長に就任。バイタリティ溢れる松岡氏のこと、いよいよ子供たちのためにと腕まくりをしていたことに違いないと思うと誠に惜しまれる。

とびきりの笑顔で周りの人たちを元気にし、麻雀業界をより良くしようと走り続けてきた松岡氏。その遺志は山下社長をはじめ、残された会社の方々や志を同じくする仲間たちが引き継いでいくことだろう。

安らかなご永眠をお祈りいたします。

関連記事

おすすめ記事

  1. フォトグラファーでもある愛内よしえプロの 撮り下ろし写真で女流プロを紹介する 「MAHJ…
  2. 今回は、2023年(令和5年)11月18日〜19日に石川県金沢市で開催された「第38回国民文化祭 第…
  3. 2023年(令和5年)10月に開催された「ねんりんピック愛顔(えがお)のえひめ2023」の取材で愛媛…
  4. 東京都麻雀業協同組合(高橋常幸理事長)は2024年(令和6年)1月17日(水)、東京都港区赤坂『マリ…
ページ上部へ戻る