Facebook

4月24日、愛知県名古屋市「琥珀」にて「第29回全国健康福祉祭ながさき大会・ねんりんピック長崎2016」の健康マージャン交流大会に出場する愛知県ならびに名古屋市の代表選手予選会が開催された。

主催は愛知県麻雀段位審査会、日本段位麻雀連盟、日本麻雀連盟、一般社団法人日本スポーツ麻雀協会が行い、中日新聞社、中日スポーツ社、中部地区競技麻雀連絡協議会が後援した。
大会は、駒井淳・愛知県麻雀段位審査会委員長の司会で進行。川岸樹生・愛知県麻雀段位審査会会長の開会挨拶、橋本光海・日本段位麻雀連盟会長の代表挨拶、酒巻潔氏による競技説明に続いて、半荘4回戦の競技に入った。
参加資格である愛知県在住の60歳以上の男女、112名が参加した競技の結果、見事優勝に輝いたのは、木原敬博選手だった。木原選手には優勝大盃・中日新聞社賞と賞品が贈呈された。

以下、準優勝は大口守信選手、第3位は木村二郎選手、第4位は沖田隆選手、第5位は長谷川茂選手、第6位は天野明選手、第7位は中根操選手、第8位は溝口美奈子選手となった。
そして成績上位者の中から、愛知県代表選手と名古屋市代表選手の各4名ずつが選出された。
最後は、松尾義春・日本麻雀連盟名古屋支部長の閉会挨拶で大会はつつがなく終了した。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2019年(令和元年)6月2日(日)、宮城県宮城郡松島町『松島センチュリーホテル』にて「全国麻雀業組…
  2. 小島武夫記念碑建立プロジェクト -亡き小島武夫を偲ぶ-  平成30年5月28日にこの世を去った…
株式会社ささき

株式会社ささき

オンライン麻雀 Maru-Jan

オンライン麻雀 Maru-Jan

株式会社きちみ製麺

株式会社きちみ製麺

友だち追加 
ページ上部へ戻る