Facebook

東京都麻雀業協同組合(津嶋哲也理事長)は「第60回全東京麻雀競技大会」を8月7日、東京都港区新橋・ニュー新橋ビルの「新雀荘」「白鷺」の2会場を使って開催した。

伝統あるこの大会も今回で60回目の記念大会となった。
大会は高橋常幸副理事長の司会で進行。津嶋理事長の開会挨拶に続き、ゲストとして参加する井出洋介プロ(麻将連合μGM)が挨拶を行い、参加選手を激励した。
その後、小林一就・東京都麻雀段位審査会委員長がルール説明を行い、50分打ち切り半荘4回戦の競技に入った。

出場選手108名が2会場に分かれて対局。井出プロは1・2回戦を「白鷺」会場で、3・4回戦を「新雀荘」会場で、参加者の方々とともに対局を行った。運良く井出プロと同卓となった参加者の方々は、滅多にない人気トッププロとの対局に顔をほころばせ、大いに楽しんだ。
競技終了後には成績集計の時間を使って井出プロとのジャンケン大会が開催され、勝ち残った5名の参加者には、井出プロ直筆のサイン色紙がプレゼントされた。
続いて成績発表・表彰が行われ、真夏の大決戦を見事制し、優勝に輝いた丸山高子選手にトロフィーと副賞が井出プロより贈呈された。準優勝は八巻敦子選手、第3位は佐藤雅裕選手となり、第60回の記念大会は、女性選手のワンツーフィニッシュとなった。
なお、今大会の成績上位15名には、10月2日に開催される「第8回東京都知事杯麻雀競技大会」への出場資格が贈られた。
また、この大会は毎年開催されている「麻雀最強戦」(主催:竹書房)の出場枠の1つである「アマチュア最強位決定戦」への出場資格を巡る「シニア最強戦代表決定戦」の予選も兼ねており、9月18日・19日に大阪府で開催されるこの「シニア最強戦代表決定戦」への出場資格が、60歳以上の参加者の方々の成績上位2名に贈られた。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2020年7月1日(水)、一般社団法人Mリーグ機構は、 2020年10月より開催予定の「Mリーグ20…
  2. 厚生労働省は6月24日(水)、今年10月31日から11月3日に岐阜県で開催予定だった「第33回全国健…
  3. 文化庁は6月23日(火)、今年10月17日から12月6日に宮崎県で開催予定だった「第35回国民文化祭…
  4. with新型コロナという日常の中での麻雀の必需品!ウイルス対策・飛沫防止麻雀卓用シートシールド『ジャ…
ページ上部へ戻る