「麻雀の鉄人〜鉄人vs天鳳位〜」(仮)11月29日必見の生放送!

麻雀スリアロチャンネル

マージャン・エンターテインメントを牽引する麻雀放送専門「麻雀スリアロチャンネル」(以下、スリアロ)

11月のオススメ番組は「麻雀の鉄人〜鉄人vs天鳳位〜(仮)」
放送時間が9時間にも及び、スリアロ史上でも屈指の名対局となった9月13日の「麻雀の鉄人〜鉄人再誕〜」によって新しいラインナップに生まれ変わった鉄人たち。
RMUの河野高志プロがその座から陥落し、老獪な強さを見せた101競技連盟の成岡明彦プロが鉄人の椅子を奪い取ることとなった。

その成岡プロに加え、「麻雀の鉄人」では無類の強さを誇る鈴木達也プロ(日本プロ麻雀協会)、そして石橋伸洋プロ(最高位戦日本プロ麻雀協会)、村上淳プロ(最高位戦日本プロ麻雀協会)、多井隆晴プロ(RMU)、小林剛プロ(麻将連合)の6人の新生・麻雀の鉄人に早くも試練の闘いの場が用意された。
今回鉄人サイドが迎え撃つのは、ネットマージャン界でも最強と名高い「オンライン対戦麻雀・天鳳」における最高の称号である「天鳳位」。

10月25日に放送される「闘牌列伝〜天鳳祭り〜」で対局する初代天鳳位・ASAPIN、3代目天鳳位・独歩、4代目天鳳位・すずめクレイジー、2代目三麻天鳳位・いちはらの4人の中で勝利を掴んだ者が鉄人に挑戦することになる。
「闘牌列伝〜天鳳祭り〜」の予告PV動画では、「天鳳」の世界でトップに立つことの凄さを、リスペクトを込めて語っていた鉄人たちも、リアルの場では絶対に負けられないだろう。
現時点では鉄人サイドも天鳳サイドも対局者が決定していない状況だが、誰が出場しても面白い闘いになることは必定。
電脳空間からの刺客がリアルの場でどのような牌譜を残し、華麗に勝利を奪うのか、それとも鉄人がリアルの経験値と持ち前の腕力で圧倒するのか、その答えは11月29日19時からの生放送で明らかになる。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2020年7月1日(水)、一般社団法人Mリーグ機構は、 2020年10月より開催予定の「Mリーグ20…
  2. 厚生労働省は6月24日(水)、今年10月31日から11月3日に岐阜県で開催予定だった「第33回全国健…
  3. 文化庁は6月23日(火)、今年10月17日から12月6日に宮崎県で開催予定だった「第35回国民文化祭…
  4. with新型コロナという日常の中での麻雀の必需品!ウイルス対策・飛沫防止麻雀卓用シートシールド『ジャ…
ページ上部へ戻る