土田浩翔プロに聞く「麻雀スリアロチャンネル」でマージャンプロが果たすべき役割とは?

麻雀スリアロチャンネル

「麻雀スリアロチャンネル」で自身の冠番組を持ち、解説や番組の企画など八面六臂の活躍を見せる、スリアロのご意見番・土田浩翔プロ(最高位戦日本プロ麻雀協会特別顧問)に、このチャンネルの魅力やマージャンプロが果たす役割についてお話しを伺った。

まず、このチャンネルがマージャン愛好者との接点・架け橋になることが大切ですね。
このネットという双方向のコミュニケーションツールを使って、愛好者の声を拾い上げ、マージャン文化をより良く世間に浸透させていければ良いと思います。
そこで我々プロが果たすべき役割は、「マージャンはエンターテインメント」であるとのプロ意識をもっともっと高め、ファンの方々に魅せるマージャン、喜んでもらえるマージャンを提供し続けることでしょう。
そして、チャンネルが今後の課題としている、マージャンをまったく知らない人たちや高齢者の方々に向けての番組作りの場面においてこそ、私たちプロが持つノウハウがもっともっと生きてくることになると思っています。

関連記事

おすすめ記事

  1. 京都グリーン法律事務所(代表弁護士:津田岳宏)が主催する京都グリーンリーグの決勝戦が7月26日に大阪…
  2. 平成29年7月18日(火)、東京都千代田区『和泉橋区民会館』にて、全国麻雀業組合総連合会は「第12回…
  3. 一般社団法人全国麻雀段位審査会主催「第12回全日本高段者麻雀競技大会」が7月9日(日)に宮城県仙台市…
  4. 今や、テレビ、インターネットを合わせる と、麻雀番組が放送されない日はないという時代となった。そんな…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

株式会社ささき

株式会社ささき

友だち追加 

ピックアップ記事

  1. 京都グリーン法律事務所(代表弁護士:津田岳宏)が主催する京都グリーンリーグの決勝戦が7月26日に大阪…
  2. 平成29年7月18日(火)、東京都千代田区『和泉橋区民会館』にて、全国麻雀業組合総連合会は「第12回…
  3. 追憶の麻雀
    麻雀新聞第209号 1992年(平成4年)12月10日まあじゃん時評変化こそが当たり前、…
ページ上部へ戻る