「第48回東京都段審麻雀競技大会」宇治眞人選手が優勝!

Facebook

東京都麻雀業協同組合(津嶋哲也理事長)は3月20日、「第48回東京都段審麻雀競技大会」を東京都港区新橋・ニュー新橋ビル「新雀荘」にて開催した。参加選手は60名。

50分打ち切り半荘4回戦で競われた熱戦の結果、見事優勝の栄冠に輝いたのは宇治眞人選手だった。
準優勝は白子久男選手、第3位は依田實選手、第4位は藤田忠男選手、第5位は市村末子選手となった。
なお、成績上位6名の選手には、10月に開催される「第8回東京都知事杯麻雀競技大会」への出場資格が与えられた。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2021年(令和3年)7月11日(日)、宮城県仙台市『グランド麻雀ホール藤』にて開催された「第16回…
  2. 2021年(令和3年)7月11日(日)、宮城県仙台市『グランド麻雀ホール藤』において「第16回全日本…
  3. Mリーグの「KONAMI麻雀格闘倶楽部」は2021年(令和3年)6月25日(金)に開催されたファン感…
  4. 著名人の家族の歴史を本人に代わって取材し、「アイデンティ」や「家族の絆」を見つめるNHK総合で放送の…
ページ上部へ戻る