第26回中部地区有段者麻雀競技大会で今井登喜夫選手が優勝!

Facebook

中部地区麻雀段位審査会(川岸樹生会長)は3月6日、「第26回中部地区有段者麻雀競技大会」を愛知県名古屋市「琥珀」にて開催した。

主催は中部地区麻雀段位審査会、後援を中日新聞社・中日スポーツ社が行った。
中部地区のマージャン大会として、愛知県・石川県・富山県・福井県・三重県・岐阜県の6県から108名の選手が参加した。
大会は大野博史・愛知県段審副委員長の司会で進行。藤田卓美・福井県麻雀段位審査会会長が開会挨拶。川岸会長が会長挨拶を行った。
続いて来賓の赤松広隆・衆議院議員、熊田裕通・衆議院議員が挨拶を行った。
次に駒井淳・中部地区麻雀段位審査会段審委員長が競技ルールについて説明。続いて前年度優勝者の坂巻稔永選手(愛知県)が優勝杯を返還し、選手宣誓を行った。

競技は50分打ち切り半荘4回戦で行われた。
競技終了後には、得点集計の時間を使って「お楽しみオープン戦」が行われ、時間終了時点で各卓トップの選手に賞品が贈られた。
中部地区のマージャン有段者がしのぎを削った熱戦の結果、優勝の栄冠に輝いたのは、今井登喜夫選手(2段、石川県)だった。
今井選手には優勝大盃・愛知県知事賞・中日新聞社賞・昇段免許状・8万円相当商品券・副賞が贈られた。
準優勝の豊嶋和利選手(3段、愛知県)には名古屋市長賞・段位認定書・3万円相当商品券・副賞、第3位の服部清選手(5段、岐阜県)には愛知県議会議長賞・段位認定書・2万円相当商品券・副賞、第4位の建部信一選手(5段、福井県)には名古屋市議会議長賞・段位認定書・1万円相当商品券・副賞、第5位の小泉信雄選手(初段、福井県)には中日スポーツ社賞・段位認定書・1万円相当商品券・副賞がそれぞれに贈られた。
表彰終了後は、村井則夫・富山県麻雀段位審査会会長が閉会挨拶を行い、大会はつつがなく終了した。

関連記事

おすすめ記事

  1. 第一回 関西麻雀女王決定戦 開催! 女性の、女性による、女性のための麻雀大会!!  3月…
  2. GPCグランドチャンピオンカップ 決定戦! 2018年度GPCリーグ、今年も大盛況!  …
  3. 麻雀に関わる人々 第十二回:インターネット麻雀「天鳳」 zeRo 氏 ①  ネット麻…
  4. 麻雀HOLIC 一般プレイヤー参加型麻雀対局収録サービス 「ジャンレコ」の提供を開始 リリース記…
  5. 学生麻雀連盟近畿本部春合宿レポート 大学生たちによる、学校間の垣根を超えた麻雀団体「学生麻雀連盟」…
  6. 骨髄バンクチャリティ麻雀大会2018 in 大阪 3月11日(日)、大阪府大阪市にして開催  3…
  7. 関西限定? 三人打ち健康マージャン! 健康マージャンは、競技ルールだけじゃない! 魅力的な、三人…
  8. 大阪・天満橋会館 健康マージャンに潜入取材! 講師は、元近鉄バッファローズ投手・加藤哲郎氏! 人…
  9. 関西最強の雀士は誰だ!? 京都グリーンリーグSeason2がいまアツい!  関西麻雀界を牽引…
  10. 麻雀に関わる人々 第九回:健康麻雀サロン 阿倍野 代表 仲内 豊 氏 ①  一口に麻…
株式会社ささき

株式会社ささき

オンライン麻雀 Maru-Jan

オンライン麻雀 Maru-Jan

友だち追加 
ページ上部へ戻る