「第17回全日本高段者麻雀競技大会」大滝勇一選手(新潟・4段)が優勝!

2022年(令和4年)7月10日(日)に宮城県仙台市で開催された「第17回全日本高段者麻雀競技大会」は、大接戦を制して大滝勇一選手(新潟・4段)が優勝した。

準優勝は高橋十九男選手(宮城段審・4段)、第3位は三島泰裕選手(宮城段審・7段)だった。

左からプレゼンターの宮城県麻雀段位審査会顧問である佐々木幸士・宮城県議会議員、優勝に輝いた大滝勇一選手。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2022年(令和4年)7月10日(日)に宮城県仙台市で開催された「第17回全日本高段者麻雀競技大会」…
  2. 一般社団法人全国麻雀段位審査会主催の、全国の麻雀段位高段者が年に一度集い、その腕前を戦わせる「第17…
  3. 2022年7月11日(月)に開催される「Mリーグ2022-23シーズン」ドラフト会議が、『M.LEA…
  4. 2022年(令和4年)6月5日に行われる「麻雀最強戦2022 Mリーグスペシャルマッチ」、EX風林火…
ページ上部へ戻る