愛知県麻雀業組合連合会、防犯宣言

愛知県麻雀業組合連合会 中村区麻雀業防犯組合 駒井淳組合長が防犯宣言

 2017年10月18日、愛知県麻雀業組合連合会中村区麻雀業防犯組合 駒井淳 組合長は、
 愛知県名古屋市中村区 中村警察署生活安全課と中村区防犯協会に対して、
 防犯宣言を行いました。


 左側が中村警察署生活安全課課長、右側が駒井淳氏
 
 今回の防犯宣言では、「オレオレ詐欺」「空き巣」被害への呼びかけと、取り組みがなされました。

 愛知県は、全国的にも空き巣の被害が多く、
 それに対する防犯対策として、「現金ゼロパネル」が配布されました。
 

 閉店後の飲食店などの軒先に置いておくことで、
 空き巣への警戒強化とともに、事業者への防犯意識の引き締めを図るのが目的です。

 また、中村区麻雀業防犯組合の加盟店において、遊戯中のお客様に対しても、
 防犯意識の向上のため、ティッシュやステッカーなどの配布も行われました。

 

 他都道府県の麻雀業組合においても、所轄警察や他団体と協力し、
 防犯宣言のみならず、様々な活動に取り組んでほしいと、筆者は考えます。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2020年7月1日(水)、一般社団法人Mリーグ機構は、 2020年10月より開催予定の「Mリーグ20…
  2. 厚生労働省は6月24日(水)、今年10月31日から11月3日に岐阜県で開催予定だった「第33回全国健…
  3. 文化庁は6月23日(火)、今年10月17日から12月6日に宮崎県で開催予定だった「第35回国民文化祭…
  4. with新型コロナという日常の中での麻雀の必需品!ウイルス対策・飛沫防止麻雀卓用シートシールド『ジャ…
ページ上部へ戻る