賭けマージャンに将来性はあるか?

賭けマージャンに将来性はあるか?
「ノーレートは今後もっと流行る」

・若い人はお金が減ることをもの凄く嫌う
「純粋な娯楽として時間を使って、さらにコミュニケーションがとれればいいという時代になってきているんでしょうね」

・お金がかかっているが故の暗黙のマナー
「もし普段賭けている人がノーレートをやった場合、お金かかってないからって真剣にマージャンを打たなくなりますよね」

・一番楽しいマージャンは仲間とうつこと
「フリーだと基本的にはあまり気心を知らない同士だから、やはり何か変な気遣いみたいなものが必要だけれど、仲間同士だと冗談いいながらで」

【参加メンバー】
A:教室も開催するベテランセット店オーナー。60代。
B:情熱溢れるセット店オーナー。昼間は教室も。40代。
C:大手チェーンのフランチャイズ店オーナー。30代。
D:新形態のフリー店が成功した若手オーナー。30代。
E:オブザーバーとして参加した異業種経営者。50代。

※詳しくは「麻雀新聞」2011年6月号をご覧ください。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2021年(令和3年)8月29日(日)、宮崎県宮崎市『シーガイアコンベンションセンター』にて第35回…
  2. 第35回国民文化祭・みやざき2020 第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会「全日本健康マージャ…
  3. 2021年(令和3年)8月1日(日)麻雀の日(パイの日)に、愛媛県松山市『KIT JAO』にて、四国…
  4. 東京No.1雀士を決める大会「第64回オール★東京麻雀競技大会」が2021年(令和3年)8月1日麻雀…
ページ上部へ戻る