第60回全東京麻雀競技大会 | 麻雀新聞
Facebook

東京都麻雀業協同組合(津嶋哲也理事長)は「第60回全東京麻雀競技大会」を8月7日、東京都港区新橋・ニュー新橋ビルの「新雀荘」「白鷺」の2会場を使って開催した。

伝統あるこの大会も今回で60回目の記念大会となった。
大会は高橋常幸副理事長の司会で進行。津嶋理事長の開会挨拶に続き、ゲストとして参加する井出洋介プロ(麻将連合μGM)が挨拶を行い、参加選手を激励した。
その後、小林一就・東京都麻雀段位審査会委員長がルール説明を行い、50分打ち切り半荘4回戦の競技に入った。

出場選手108名が2会場に分かれて対局。井出プロは1・2回戦を「白鷺」会場で、3・4回戦を「新雀荘」会場で、参加者の方々とともに対局を行った。運良く井出プロと同卓となった参加者の方々は、滅多にない人気トッププロとの対局に顔をほころばせ、大いに楽しんだ。
競技終了後には成績集計の時間を使って井出プロとのジャンケン大会が開催され、勝ち残った5名の参加者には、井出プロ直筆のサイン色紙がプレゼントされた。
続いて成績発表・表彰が行われ、真夏の大決戦を見事制し、優勝に輝いた丸山高子選手にトロフィーと副賞が井出プロより贈呈された。準優勝は八巻敦子選手、第3位は佐藤雅裕選手となり、第60回の記念大会は、女性選手のワンツーフィニッシュとなった。
なお、今大会の成績上位15名には、10月2日に開催される「第8回東京都知事杯麻雀競技大会」への出場資格が贈られた。
また、この大会は毎年開催されている「麻雀最強戦」(主催:竹書房)の出場枠の1つである「アマチュア最強位決定戦」への出場資格を巡る「シニア最強戦代表決定戦」の予選も兼ねており、9月18日・19日に大阪府で開催されるこの「シニア最強戦代表決定戦」への出場資格が、60歳以上の参加者の方々の成績上位2名に贈られた。

関連記事

おすすめ記事

  1. 今月も先月に引き続いて、サイドビジネスについて解説していきたいと思います。副業ブームの昨今、麻雀営業…
  2. 「麻雀コラム」第83回 麻雀大好き落語家の三遊亭楽麻呂師匠が 「麻雀」で現代社会を愉快に…
  3. 2024年(令和6年)3月1日(金)に刊行された『ピークアウト』(近代麻雀コミックス)第1巻は、『鉄…
  4. 3月といってもまだ底冷えのする午前5時の歌舞伎町。 短いコートやマフラーを羽織ってはいるものの…
  5. 現在、124団体(高校から大学の麻雀部およびサークル)の加盟団体ならびに約4565人の小学生から大学…
  6. 「麻雀店経営サポート」今月は、風営法許可後に起こるあれこれの出来事について詳しく解説していきます。特…
  7. 大好評連載「今夜、麻雀の楽しい未来を語りましょう!」。 こちらのコーナーを担当するのは、日本プ…
  8. フォトグラファーでもある愛内よしえプロの撮り下ろし写真で女流プロを紹介する 「MAHJONG …
  9. 日本最大のプロアマオープンタイトル戦「麻雀最強戦2024」がいよいよスタートした。2024年(令和6…
  10. 「明治安田生命保険相互会社」×「一般社団法人日本健康麻将協会」×「自治体」が協働!全国で健康マージャ…
株式会社ささき

株式会社ささき

オンライン麻雀 Maru-Jan

オンライン麻雀 Maru-Jan

友だち追加 

ピックアップ記事

  1. 今月も先月に引き続いて、サイドビジネスについて解説していきたいと思います。副業ブームの昨今、麻雀営業…
  2. 3月といってもまだ底冷えのする午前5時の歌舞伎町。 短いコートやマフラーを羽織ってはいるものの…
  3. 毎春恒例の健康麻将協会最大のイベント開催! 「第31回健康麻将全国大会」 「第36回家族…
ページ上部へ戻る