【第十回】健康麻雀サロン 阿倍野 代表 仲内 豊 氏 ②【麻雀に関わる人々】

麻雀に関わる人々

第十回:健康麻雀サロン 阿倍野 代表 仲内 豊 氏 ②

 前回の記事に引き続き、健康麻雀の講師である 仲内 豊 氏にインタビューを行い、お話を伺った。
 仲内氏が代表を務める「健康麻雀サロン 阿倍野」については、以下のリンクから参照してほしい。

 *以下本文中、敬称略
 *当記事のまとめが、2018年2月10日に発刊される 麻雀新聞2月号 に掲載


記者

 ありがとうございます。では、次の質問です。競技麻雀のプロについて、どう思われますか?

仲内

 僕らはあんまり付き合いがないんですよね。トーナメントとか大会も出ないし、やってる麻雀も、どちらかというと高齢のかたが対象となってきちゃってるから。
 だから、ほかの団体のプロのかたとは接点が少なくなってる。もちろん、話を聞くことはあるんですけど。

 プロのかたが、健康麻雀の講師をするのは良いと思います。ただ、pプロを養成する講座じゃない、ということだけは注意しないと。
 さもないと、講座をしても誰も来てないよ、っていうことになっちゃう。僕らは、それはもう痛感しましたね。最初の五年間くらいは。

 強くなる麻雀を教える、っていう講座もあってはいいんですけどね。
 今日初めて牌を見ます、っていう人に、どの話し方ができるかですよ。
 健康麻雀を始めて失敗したっていう人たちは、そこですよ、自分たちが当然知っていることは、当然のように話してしまう。
 でも、それは、今日初めて麻雀を見る人にたいしてはふつうじゃない。そこに気付かないといけない。

 まず麻雀とはなにか、というところから。
 僕たちからすれば当たり前の言葉でも、初めて聞く人にしたら、異国の言葉ですから。そんな言葉、次々と言われたら、みんな帰っちゃいます。次、来ない。

記者

 なるほど。むしろ、麻雀が強い人ほど抜け落ちそうな視点ですね。
 すこし話変わって、……若者の麻雀離れと雀荘の減少については、いかがお考えでしょうか。

仲内

 若者の(麻雀離れ)、という言葉は違うと思いますね。全体が、でしょう。若者が離れた訳ではなく、若者が入ってこない。
 今やってる健康麻雀でも、男性の場合はむかしやってた人なんですが、女性の人は、むかしやりたかったけどやれなかった、という人が多いんですよ。
 面白そう、やりたいなと思っていても、イメージが悪すぎてできなかった。

 珍しい例ですけど、「旦那が夜中に麻雀をしに出掛けて行って帰ってこない。でも、あの人がこんな朝まで一生懸命やるゲームって、そんなに面白いんなら、いちど体験してみよう」って人もいる。
 麻雀の何が嫌いかっていうと、やっぱり煙草と賭博。その点、健康麻雀はそれらとは無縁ですから。

 若者って、麻雀から離れてるんですかね。結構やってると思いますけどね。ネットとかゲームとかで。潜在的には多いはず。
 ただ、人と人とのコミュニケーションを取るのが苦手、という人もいまは少なくないし、家で引きこもっていてもできる訳だから。

 麻雀をリアルでしたかったら、四人集まって、麻雀店なりどこへなり、外へ出ないといけない。それが苦手な若者が多いんじゃないかな。
 四人でするということは、どこかに集まって、時間・行動を合わさないといけない。それが苦手なんでしょう。

記者

 若者の質が変わっている、ということですか?

仲内

 まぁ、そういうことかなぁ。会社なんかでも、アフターファイブで麻雀しなくなったっていうのは、そこだろうね。
 仕事終わった後まで付き合いするのが嫌、自分は自分でやりたい趣味がある、ってふうに。
 だから、麻雀やりたい人でも、本当にやりたい人は、ひとりでフリーに行ったり、ネット対戦したりとか、そっちに行っちゃうんだろうね。

 減っている、というよりかは、「関わり方が変わった」ってことでしょうね。

 若い人でも、たまに健康麻雀に来ますよ。麻雀教えてほしい、って。
 ルールはどこで覚えたか聞いたら、みんなネットとかゲームとか。でも、その内、リアルでも一回やってみたくなる、って人がいるみたい。

記者

 健康麻雀は高齢のかたをターゲットにしているイメージがあるんですけど、そういう若者もいるんですね。

仲内

 僕たちも、最初は高齢のかたをターゲットにするつもりはなかったんですけど、どうしてもそうなってきちゃったっていうか。
 カルチャーなんていうのは、ブランド的なものでもあって、ある程度時間とお金の余裕のある人じゃないと来れない。
 そうなると、定年して多少の余裕のある方対象になっちゃいますよね。特にカルチャーは平日が多いから。平日昼間に来れる人って限られてきますから。

 雀荘の減少……これは明らかに社会的な問題ですね。(会社員同士の)付き合いが少なくなったのもひとつ。それとイメージ(の悪化)。
 セット雀荘が盛んだったのは、会社員同士の付き合いがあったから、ニーズとしてあったからでしょう。
 ゴルフと麻雀とお酒は営業の三種の神器、みたいな。いまは営業の接待が禁止になっている企業も多いですよね。
 だから同時に、ゴルフやお酒の業界も、当時の社会形態に依存して成り立ってたところは、衰退したんだと思います。

記者

 ありがとうございます。続いて次の質問に移らせていただきます――


 次回は、2月26日更新予定です。

次の記事へ

関連記事

おすすめ記事

  1. ※© AbemaTV 大和証券Mリーグ2018 初戦ついに開幕! 第三回戦、第四回戦は「赤坂ドリ…
  2. ※© M.LEAGUE 大和証券Mリーグ2018 初戦ついに開幕! 第一回戦は「赤坂ドリブンズ、…
  3. Mリーグ 試合スケジュール発表!  8月7日(火)にドラフト会議が行われて久しい、Mリーグがつ…
  4. 関東「麻雀強化合宿2018」・関西「関西夏合宿2018」 麻雀三昧の夏の思い出! …
  5. 麻雀人に話を聞こう! vol.1 日本プロ麻雀協会 ニコラスプロ 海を越えて日本の裏側からや…
  6. 『全日本健康マージャン交流大会』の情報がついに解禁!!  「全日本健康マージャン交流大会」の情報が…
  7. 麻雀プロリーグ「M.LEAGUE」 麻雀のプロスポーツ化を目指す! 競技麻雀の最高峰! 初回優勝…
  8. プロ麻雀リーグ「Mリーグ」発足会見! 2018年10月にプロ麻雀リーグ「Mリーグ」がサイバーエージ…
株式会社ささき

株式会社ささき

オンライン麻雀 Maru-Jan

オンライン麻雀 Maru-Jan

株式会社きちみ製麺

株式会社きちみ製麺

友だち追加 
ページ上部へ戻る