富山県健康マージャン交流大会第4回健康ビッグマージャン

 

 2017年4月15日(土)富山県射水市「アルビス小杉体育センター」にて富山県健康マージャン交流大会第4回健康ビッグマージャンが開催された。

主催は富山県健康マージャン交流大会実行委員会(北日本新聞社、富山健康マージャン推進実行委員会)、後援が富山県、射水市教育員会、富山県社会福祉協議会、日本健康麻将協会、全国麻雀段位審査会、日本麻雀連盟。そしてアルビス株式会社が特別協賛につき、大会が行われた。
最年少は9歳、最高齢は93歳と幅広い年齢層且つ参加者合計612人は過去最多で間違いなく日本最大級のワンデーマージャン大会と言えるだろう。
「ねんりんピック秋田2017」の予選も兼ねている本大会。

開会式は川上浩志・富山県健康マージャン推進実行委員会副会長の開会宣言でスタート。

板倉均・北日本新聞社代表取締役社長と亀山繁盛・富山県健康マージャン推進実行委員会会長が主催者あいさつを行い、来賓代表として山岸次雄・全国麻雀段位審査会委員長が祝辞を述べた。続いて、ゲストプロ(日本プロ麻雀連盟より山井弘プロ・高宮まりプロ・安城るいプロ。最高位戦日本プロ麻雀協会より吉田葵プロ)が紹介され、山井プロと高宮プロが代表して祝辞を述べた。その後、来賓紹介に続いて優勝杯・トロフィーの返還、松原健志・大会審判長のルール説明、選手宣誓が行われ、競技のスタートとなった。

大会は50分打ち切りの4回戦で行われ、個人戦と団体戦で日頃の腕前を競い合った。

昼食休憩と4回戦終了後には、ゲストプロがサイン会やお楽しみ対局を行い、会場を盛り上げ、富山のマージャンファンと大いに交流を深めた。

 
ゲストの山井弘プロと高宮まりプロ

熱戦の末、見事個人優勝に輝いたのは吉田健三選手(射水市)だった。準優勝は飯川和男選手(高岡市)、3位は嶋勝彦選手だった。
団体戦の優勝は越中ひばり会ふたくち四天王(吉田健三・藤田久男・吉岡信治・浅村昭男)で、吉田選手は個人団体の2冠に輝いた。


個人戦優勝の吉田健三選手・団体戦優勝の越中ひばり会ふたくち四天王

続いて優勝の吉田選手のスピーチから「ねんりんピック秋田2017」の富山県代表選手の発表・紹介の後、藤井保寿・富山県健康マージャン推進実行委員会副会長の閉会宣言で大会の幕を閉じた。

今回は前日設営から取材したのだが、まっさらな体育館が数十人のスタッフによって数時間で、154卓の設置が完了したその手際の良さは圧巻の一言だ。完成した会場を2階席から俯瞰すると改めて会場の大きさに驚嘆した。来年以降も参加者が増加を見込んでおり、日本最大を更新することは間違いないだろう。

関連記事

おすすめ記事

  1. 福岡県福岡市の 健康マージャンサークル・同好会の 交流をつないでいく取り組み 「第1回福岡市公…
  2. 雀荘の店舗経営、広告、業界情報などを扱う業界唯一の麻雀業界新聞
    【年頭あいさつ】 全国麻雀業組合総連合会 全国麻雀業組合総連合会 理事長 齋藤 正  …
  3. 第32回全日本麻雀競技大会、開催! 全国各地から228名の麻雀愛好者が参加! 北海道から参加…
  4. 麻雀店の最先端を行く! 新オープンの『麻雀HOLIC』 堀江貴文氏をゲストに迎えてオープン記念大…
  5. 新年、あけましておめでとうございます  様々な出来事のあった2017年も、名残惜しくも終わりを告げ…
  6. 東大の卒論「麻雀の社会学」を振り返って!  若き日の井出洋介プロが社会学的見地から当時の麻雀事…
  7. 【WEST ONE CUP 予選迫る!】  関西の強豪が、プロアマ問わず集結するWEST ON…
  8. 夕刊フジ杯 in 九州 開催決定!  夕刊フジ紙面上で開催される、女流雀士たちによるタイトル争奪戦…
  9.  11月23日に「白虎杯」が開催されました。  64名の参加者の中から、優勝をもぎ取ったのは、最高…
  10. 「麻雀コラム」 連載第八回  麻雀大好き落語家の三遊亭楽麻呂師匠が「麻雀」で  現代社会を愉快に…
株式会社ささき

株式会社ささき

オンライン麻雀 Maru-Jan

オンライン麻雀 Maru-Jan

友だち追加 
ページ上部へ戻る