2022年(令和4年)10月16日(日)、愛媛県四国中央市「伊予三島運動公園体育館』において、およそ1年後に開催される「第35回全国健康福祉祭愛媛大会 ねんりんピック愛顔(えがお)のえひめ2023」に向けての「健康マージャンリハーサル大会」がスタートしました。

この大会は、来年の本大会開催に向けて本大会と基本的に同じ開催仕様でリハーサルを行うもの。また、合わせて本大会へ出場する愛媛県代表選手の選考も兼ねての大会となっている。

愛媛県を中心に隣県の岡山県や高知県からも参加した全124名の選手が参加して今日一日楽しく麻雀で交流する。

競技に先立って行われた開会式では、特別表彰が行われ、本日の大会の最高齢参加者に贈られる賞として、片岡眞人さん(88歳、松山市)、烏谷薫さん(88歳、松山市)に最高齢者賞が贈呈された。

左から最高齢者賞の片岡さん、大会会長の篠原実四国中央市長、最高齢者賞の烏谷さん

関連記事

おすすめ記事

  1. フォトグラファーでもある愛内よしえプロの 撮り下ろし写真で女流プロを紹介する 「MAHJ…
  2. 今回は、2023年(令和5年)11月18日〜19日に石川県金沢市で開催された「第38回国民文化祭 第…
  3. 2023年(令和5年)10月に開催された「ねんりんピック愛顔(えがお)のえひめ2023」の取材で愛媛…
  4. 東京都麻雀業協同組合(高橋常幸理事長)は2024年(令和6年)1月17日(水)、東京都港区赤坂『マリ…
ページ上部へ戻る