「第4回全国麻雀選手権」全国47225名の頂点は大西秀明さんが獲得!

Facebook

株式会社シグナルトーク(栢孝文代表取締役)が主催する「第4回全国麻雀選手権」(賞金総額1000万円、優勝賞金500万円、参加費無料)が8月7日、ついにファイナルを迎えた。

4回目を迎えた今大会は、公式サポーターとして女流麻雀プロ音楽ユニット「More」が参加した。
また、現在「週刊少年マガジン」誌上で好評連載中の麻雀漫画「無敵の人」(著:甲斐谷忍)とのタイアップも実現し、「週刊少年マガジン」誌上にてこの大会の情報掲載が行われた。
そして今回からの新しい予選部門として「友達部門」が設定された。従来通り、一次予選・二時予選はオンライン麻雀「Maru-Jan」で行われるが、一次予選のもう1つの方法として、友人4人でリアル麻雀を行ってもらい、勝ち抜いた代表者が二次予選から参戦できるというシステムが採用された。ルールも自由、場所も自由だが、友達同士で打った証として4名の集合写真を送付することが条件となる。

今回この「友達部門」に参加すると株式会社シグナルトークが購入した熊本名産のからし蓮根が贈られることになっており、この予選に参加するだけで、先の熊本地震からの復興を支援するチャリティに参加できるような形をとった。
4月から6月の期間に開催された予選には47225名が参加。
この超難関の予選を勝ち抜いた一般参加者28名、プロ4名、そして新設の「友達部門」の4名の合計36名が準決勝に進出した。

準決勝からはリアル対局となり、7月24日、東京都港区新橋の「白鷺」にて開催された。半荘4回戦で行われた熱戦の結果、倉橋孝幸さん(友達部門)、小泉庄平さん(一般部門)、渋谷克久さん(一般部門)、大西秀明さん(友達部門)の4名がファイナルへ駒を進めた。
そして迎えたファイナル当日の8月7日。
この対局の模様は「ニコニコ生放送」で完全生放送されるため、東京都豊島区の麻雀スタジオで開催された。
熾烈な予選を勝ち抜いたファイナリスト4名が緊張感あふれるドラマチックな闘牌を繰り広げた結果、見事優勝に輝いたのは、準決勝をギリギリの4位で通過した大西秀明さんとなり、優勝賞金の500万円を獲得した。準優勝は倉橋孝幸さん、第3位は小泉庄平さん、第4位は渋谷克久さんとなった。
優勝の大西さんは「今日は本当についていました。もしかして一生分のツキを使ってしまったかもしれません。賞金は、孫が8人いるので、麻雀牌とマットを買って孫たちに麻雀を教えたいと思います」と笑顔で語った。

関連記事

おすすめ記事

  1. 関東「麻雀強化合宿2018」・関西「関西夏合宿2018」 麻雀三昧の夏の思い出! …
  2. 麻雀人に話を聞こう! vol.1 日本プロ麻雀協会 ニコラスプロ 海を越えて日本の裏側からや…
  3. 『全日本健康マージャン交流大会』の情報がついに解禁!!  「全日本健康マージャン交流大会」の情報が…
  4. 麻雀プロリーグ「M.LEAGUE」 麻雀のプロスポーツ化を目指す! 競技麻雀の最高峰! 初回優勝…
  5. プロ麻雀リーグ「Mリーグ」発足会見! 2018年10月にプロ麻雀リーグ「Mリーグ」がサイバーエージ…
株式会社ささき

株式会社ささき

オンライン麻雀 Maru-Jan

オンライン麻雀 Maru-Jan

株式会社きちみ製麺

株式会社きちみ製麺

友だち追加 
ページ上部へ戻る