マージャン業界に展望はあるのか?

業界に展望はあるのか?
「居場所があるから人はお金を払う」

・お客様の意識はもう変わってきている!
「40代、50代というメインターゲットの年齢層が、もはやマージャンを仕事の後の娯楽として求めていません」

・ガン予防に効果があることを証明したい
「私の親戚などが次々とガンで倒れている中、教室の生徒はこれだけ高齢者が多いのにガンになる人が少ないんです」

・ネットの世界では平日でも数百卓立つ!
「ノーレートも徐々に広まってはきていますが、完全に成功しているところはまだありません」

※詳しくは「麻雀新聞」2011年1月号をご覧ください。

関連記事

おすすめ記事

  1. 東京都が主催するシニア世代を対象とする新イベント! 「東京都シニア・コミュニティ交流大会 TO…
  2. 2019年(令和元年)11月11日(月)、「第32回全国健康福祉祭和歌山大会 ねんりんピック紀の国わ…
  3. 2019年11月11日(月)、「第32回全国健康福祉祭和歌山大会 ねんりんピック紀の国わかやま201…
  4. 「ねんりんピック紀の国わかやま2019 健康マージャン交流大会」団体戦優勝は大阪府チーム! 「…
  5. 全国から60歳以上の272名の選手が参加!「ねんりんピック紀の国わかやま2019 健康マージャン交流…
  6. あふれる情熱 はじける笑顔をキャッチフレーズに「ねんりんピック紀の国わかやま2019」開幕! …
  7. 第36回国民文化祭・わかやま2021 第21回全国障害者芸術・文化祭わかやま大会 紀の国わかやま…
  8. 2019年(令和元年)10月18日(金)、小池百合子東京都知事の記者会見にて、東京都シニアコミュニテ…
ページ上部へ戻る