西日本最大級!プロアマ混合メジャー麻雀大会「WEST ONE CUP 2023」アマチュアの田嶋翔太さんが優勝!

2023年(令和5年)6月3日(土)・4日(日)、大阪府大阪市『マツオカスタジオ』にて「第8回 WEST ONE CUP 2023」準決勝・決勝が開催された。

この大会は、麻雀普及委員会が主催するプロアマ混合の西日本最大級のメジャー麻雀大会で、全国での予選会→本選176名→準々決勝ベスト48→準決勝ベスト16→決勝4名の勝ち上がり形式で行われた。

第8回大会は2023年(令和5年)1月14日の『麻雀ロン』(東京都)での店舗予選からスタートし、全国各地での店舗予選(プロアマ混合)・プロ予選に約1000名の雀士が参加した。

予選を通過した176名が参加した本戦1日目(5月23日開催)は、『大三元』(大阪)・『天満橋会館』(大阪)の2会場で開催され、ベスト48通過者が決定。『大三元』(大阪)で開催された本選2日目(5月24日開催)では準々決勝が行われ、準決勝に進出する16名が決定した。

そして迎えた準決勝は、Mリーグの新規参入チームである「BEAST Japanext」のオーディションに選出された竹内元太プロと浅井堂岐プロが出場を辞退。規定により大塚翼プロと比嘉秀仁プロが繰り上がり出場。また、当日台風の影響により参加できない選手も出てしまったが、予備日を設定していないことや、参加選手全員の予定を調整することは困難と判断し、黒子を入れて予定通りの開催となった。

熱戦の結果、翌日の決勝に駒を進めたのは、中村一プロ(日本プロ麻雀協会)、アマチュアの田嶋翔太さん、同じくアマチュアの杉谷剛さん、そして繰り上がり出場からの決勝進出となる比嘉秀仁プロ(日本プロ麻雀協会)となった。

そして運命の決勝。この模様は、YouTube『雀サクッTV』にて、小林剛プロ(麻将連合)、村上淳プロ(最高位戦日本プロ麻雀協会)、仲林圭プロ(日本プロ麻雀協会)という豪華解説陣で生配信された。全5回戦で行われた決勝の結果、見事優勝に輝いたのはアマチュアの田嶋翔太さんだった。準優勝は比嘉秀仁プロ、第3位は中村一プロ、第4位はアマチュアの杉谷剛さんとなった。

また、麻雀普及委員会は、ヴェストワンカップ、引いては西日本エリア麻雀界全体の活性化を目指し、2023年(令和5年)6月から「ヴェストワンリーグ』というプロアマ混合のオープンリーグ戦をスタートしている。各期で通算ポイント、節ポイント上位の方には「ヴェストワンカップ」の本選出場権が贈られることになっている。参加についての詳細やお問い合わせは「ヴェストワンカップ」公式HP(https://west-one-cup.com/league/)を参照。

【ヴェストワンリーグ開催スケジュール】

◎2023前期日程

第1節:6月24日(土)

第2節:7月9日(日)

第3節:7月15日(土)

第4節:7月22日(土)

第5節:9月3日(日)

第6節:9月17日(日)

◎2023後期日程

第1節:10月9日(月祝)

第2節:10月14日(土)

第3節:11月12日(日)

第4節:11月18日(土)

第5節:12月24日(日)

第6節:1月13日(土)

開催会場:『大三元』(大阪府大阪市)

関連記事

おすすめ記事

  1. フォトグラファーでもある愛内よしえプロの 撮り下ろし写真で女流プロを紹介する 「MAHJ…
  2. 今回は、2023年(令和5年)11月18日〜19日に石川県金沢市で開催された「第38回国民文化祭 第…
  3. 2023年(令和5年)10月に開催された「ねんりんピック愛顔(えがお)のえひめ2023」の取材で愛媛…
  4. 東京都麻雀業協同組合(高橋常幸理事長)は2024年(令和6年)1月17日(水)、東京都港区赤坂『マリ…
ページ上部へ戻る