宮城県麻雀段位審査会がマージャン卓を寄贈

一般社団法人全国麻雀段位審査会

宮城県麻雀段位審査会は3月25日、「せんだい豊齢ネットワーク」に、社会貢献事業の一環として手積みマージャン卓を10セット寄贈した。

「せんだい豊齢ネットワーク」は宮城県仙台市の外郭団体「仙台市健康福祉事業団」のある「シルバーセンター」という施設内に事務局を置いて、シニアの生きがい・健康づくり、社会参加の支援を目的として活動している団体。
今回健康マージャン部門を新設するにあたり、マージャン卓が寄贈される運びとなった。当日は宮城県麻雀段位審査会会長の山岸次雄氏から湯村和彦・代表議長に直接目録が手渡された。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2022年(令和4年)6月5日に行われる「麻雀最強戦2022 Mリーグスペシャルマッチ」、EX風林火…
  2. 2022年(令和4年)5月31日、セガサミーフェニックスの特別対局「セガサミーフェニックスNo.1決…
  3. 『MONDO TV』で行われている50歳未満の男性プロによるリーグ戦「モンド麻雀プロリーグ21/22…
  4. 2022年(令和4年)5月30日、U-NEXT Piratesの公式Twitterにて、6月5日の「…
ページ上部へ戻る