東京都港区「麻雀クラブココ」

Facebook

かたくなりすぎず、なれなれしすぎず、適度な距離感

・40年以上赤坂で営業する老舗が

東京都港区赤坂、溜池山王駅11番出口から15秒という好立地に、40年以上にわたってマージャンファンに愛されてきた老舗『麻雀クラブ ココ』が、2015年初頭からリニューアルスタートした。
赤坂という大手企業や大使館などが集まるこの地で、定着し親しまれてきた『ココ』という名前はそのままに、今まで通っていただいてきた常連のお客様にもますます愛されるお店を目指すと話す大浦隆行新オーナーは、サラリーマンやマージャン店のスタッフ経験を経ての挑戦となる。

・マージャン教室をやってみたい

もともと自分のお店を持つのが夢だったことに加えて、介護の仕事を経験したことで、高齢者の方々が楽しめる「マージャン教室」をやってみたいと思っていた時に、ちょうどいいタイミングで今回のオーナーチェンジのお話しがあったので思い切ってマージャン店の営業を始めることを決断したそうだ。
このような『ココ』のようなケースは、現在のマージャン業界が後継者不足によって廃業が相次ぐ中にあって、とても模範的な『代替わり』といえる。長年顧客に愛されてきた「営業店」が次の世代へとスムーズに継承されていく。
これはマージャン業界の未来に向けた良いモデルケースとなるに違いない。

・赤坂らしい質の高いサービスを

そんな地域に根ざした老舗を守っていくために、「大手企業や歓楽街を擁する赤坂という街で、普段からグレードの高いサービスを受け慣れている常連の皆さまに、それらに負けないくらいのすてきなサービスを提供する」ことを目標にしていると大浦オーナー。

・接客にゴールなし!

介護のお仕事で培った「お客様を家族のように思う気持ち」を持って「かたくなりすぎず、なれなれしすぎず、適度な距離感」の接客サービスを作り上げる。そして「接客にゴールなし」の言葉通り、それをしっかり継続していくことが自分の最低限の役割であると自身に言い聞かせるように語ってくれた。

・おまかせ手作りフードが名物!

また『ココ』は長年愛されてきている女性スタッフによる「おまかせ手作りフード」が大好評!それを楽しみにこのお店に通うお客様も大変多いそうで、今後もますます付加価値としてのフードやドリンクのメニューを充実していくということだ。

・マージャンの振興のために!

そして現在土曜日に開催しているマージャン教室を平日にも拡大し、セットと健康マージャンの2本立ての営業を目指すそう。
また、競技マージャンの活動をしていた経験もあるので、もっともっと競技マージャンの魅力を広めて、マージャンという最高に楽しいゲームの振興のために少しでも尽力していきたいと最後に語ってくれた。

【店舗情報】

麻雀クラブココ
〒107-0052
東京都港区赤坂2丁目12-15
03-3583-3222
http://mj-coco.jp/

関連記事

おすすめ記事

  1. 「第24回七夕杯東北麻雀チャンピオンシップ大会」が宮城県仙台市で開催。東北各地から248名の選手が参…
  2. ◎国内最大の文化の祭典「国民文化祭」に健康マージャンが参加!7月10日、東京都において国民文化祭…
  3. 京都グリーン法律事務所(代表弁護士:津田岳宏)が主催する京都グリーンリーグの決勝戦が7月26日に大阪…
  4. 平成29年7月18日(火)、東京都千代田区『和泉橋区民会館』にて、全国麻雀業組合総連合会は「第12回…
  5. 一般社団法人全国麻雀段位審査会主催「第12回全日本高段者麻雀競技大会」が7月9日(日)に宮城県仙台市…
株式会社ささき

株式会社ささき

友だち追加 

ピックアップ記事

  1. 「第24回七夕杯東北麻雀チャンピオンシップ大会」が宮城県仙台市で開催。東北各地から248名の選手が参…
  2. 麻雀を教えるってどういうこと
    実は伝えるのが難しい『役牌』前々回から『役』についてのお話をさせてもらっています。前回ま…
  3. ◎国内最大の文化の祭典「国民文化祭」に健康マージャンが参加!7月10日、東京都において国民文化祭…
ページ上部へ戻る