麻雀スリアロチャンネル「麻雀の鉄人〜鉄人再誕〜」9時間にわたる白熱対局!

麻雀スリアロチャンネル

「麻雀スリアロチャンネル」の超人気タイトル「麻雀の鉄人」において9月13日午後7時から、「鉄人再誕」というプログラムが放送された。

これは第4回での将棋棋士・中田功七段に喫した鉄人の敗北を受けて、鉄人の生みの親である土田浩翔プロ(最高位戦日本プロ麻雀協会)が、勝利こそが絶対である鉄人に「活を入れる」べくラインナップの入れ替えを決意して行われることになった。

第5回には俳優の萩原聖人に勝利し、このシリーズで好成績を修める鈴木達也プロ(日本プロ麻雀協会)を除く鉄人メンバーの石橋伸洋プロ(最高位戦日本プロ麻雀協会)、村上淳プロ(最高位戦日本プロ麻雀協会)、多井隆晴プロ(RMU)、河野高志プロ(RMU)、小林剛プロ(麻将連合)の5人に、鉄人入りを目指す鈴木たろうプロ(日本プロ麻雀協会)、渋川難波プロ(日本プロ麻雀協会)、成岡明彦プロ(101競技連盟)の3人が、鉄人の称号を賭けての闘いとなった。
対局はまず、4人ずつに別れ、半荘1回勝負の上位2名・計4名が勝ち抜けでまず鉄人入り。残った4名で半荘2回戦を行ない、トップの1人だけが鉄人入りとなる過酷な生き残り戦だ。
まず最初は村上、多井、渋川、成岡の対局。

1回勝負の2人勝ち抜けという条件に、負けられないプライドがぶつかり、いつになく慎重で力のこもった闘いは、なんと2時間超えの大熱戦。これを制してまず鉄人入りを決めたのは多井と成岡となった。
次の石橋、河野、小林、たろうの対局では石橋と小林が勝ち抜け、鉄人入りを決めた。
そして残る4人での運命の2回戦。これを制して最後に鉄人入りを決めたのは村上となった。
これにより、以上の5人に達也を加えた6人が新鉄人となった。
なんとこの時、放送終了は午前4時をまわっていたという熾烈を極めた闘いとなった。
視聴者コメントも番組開始3時間で1万を超えるという盛り上がりで、マージャンファンも大いに楽しんだことに違いない。

関連記事

おすすめ記事

  1. Facebook
    第21回港区長杯争奪 高齢者いきいき麻雀大会 最高齢参加者は97歳の長田睦子さん! 11月5日…
  2. 第4回社会人学生 麻雀団体対抗戦 2日制のリーグ戦を制し「雀サクッチーム」が優勝!  11月1…
  3. 「第33回国民文化祭・おおいた2018 第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会『全日本健康マージ…
  4. Facebook
    中国・遼寧広播電視台が 一般社団法人日本健康麻将協会の活動を密着取材! 日本でブームの健康マージ…
  5. 新式麻雀タクティクス 第24回 若手麻雀プロが贈る麻雀の新潮流! 数あるイマドキの戦術がみるみる…
  6. 〇〇と麻雀
    ○○と麻雀 第25回 今回のテーマは『流行語と麻雀』  日常会話で使われている言葉にマージャンが…
  7. 奇跡の復刻! 連載最終回!  なんと若き日の井出洋介が社会学的見地から当時の麻雀観を著した…
  8. 第20回仙台市高齢者生きがい健康祭シニアいきいきまつり  去る9月から11月の期間で宮城県仙台…
  9. 第22回青雀旗争奪全国大学対抗麻雀選手権大会、開催!  11月19日(日)、大阪府大阪市『クラブ天…
  10. 全国麻雀段位審査会と大分麻雀業組合は2018年大分県で開催される国民文化祭の実施に向けて、県内文化団…
株式会社ささき

株式会社ささき

オンライン麻雀 Maru-Jan

オンライン麻雀 Maru-Jan

友だち追加 
ページ上部へ戻る