2021年(令和3年)7月11日(日)、宮城県仙台市『グランド麻雀ホール藤』において「第16回全日本高段者麻雀競技大会」がスタートした。

この大会は、一般社団法人全国麻雀段位審査会が主催し、毎年全国から麻雀段位高段者が集まりその技量を競うもので、昨年は新型コロナウイルス感染症の影響であえなく中止となり、今年2年ぶりの開催となった。

大会には132名の麻雀段位高段者が参加。会場入場の際の検温、大会中のマスクの着用、1回戦ごとの手指消毒等の感染予防対策を施し、このあと全6回戦を戦って優勝者が決定する。

 

ユーモアを交えて選手たちを激励! 大いに会場を沸かせた鈴木宗男参議院議員

 

競技に先立って行われた開会式には、一般社団法人全国麻雀段位審査会最高顧問である鈴木宗男参議院議員も駆けつけ、参加選手を激励した。

全6回戦を戦ったのちに優勝するのははたしてどの選手となるだろうか!?

 

 

関連記事

おすすめ記事

  1. オンライン麻雀『雀魂』が、リリース3周年を記念した「雀魂感謝際3rd」を2022年4月23日(土)1…
  2. U-NEXT Pirates・瑞原明奈プロが2022年4月20日(水)19時から放送されるTBS『東…
  3. Mリーグ・TEAM RAIDEN/雷電で活躍する黒沢咲プロ(日本プロ麻雀連盟)の著書『黒沢咲の 鳴か…
  4. 18周年を迎えたオンライン麻雀『Maru-Jan』。毎日約8000人で賑わう初心者から上級者まで自宅…
ページ上部へ戻る