麻雀って こんなにも面白い! 読むとすぐに打ちたくなる 麻雀BOOKレビュー 「Mリーグ2023‐24 公式ガイドブック」

2023年(令和5年)10月26日(木)に発売となった『Mリーグ2023‐24 公式ガイドブック』は、その名の通り、一般社団法人Mリーグ機構が監修を務める唯一の公式ガイドブックだ。Mリーグ・KADOKAWAサクラナイツのチームスポンサーである大手出版社のKADOKAWAから発売で、今回が4シーズン目の公式ガイドブック発売となる。

公式ガイドブックということだけあってボリュームは盛りだくさん。各チーム・選手紹介については、選手のキャラクターや特徴、個性、過去のデータといった情報が紹介されているだけではなく、前シーズンにおける妙手も解説されており、選手の打ち筋についてもチェックできる。もちろん、新規参入チームであるBEAST Japanextの4選手や、醍醐大プロ・渡辺太プロ・浅見真紀プロといったニューカマーも網羅済だ。

また、Mリーグを支えるのは選手やチームだけではない。公式実況を務める小林未沙さん・日吉辰哉プロ・松嶋桃プロの紹介や本人からのメッセージ、解説を務める石橋伸洋プロ・朝倉康心プロ、リポーターの松本圭世さんといった、中継を盛り上げる人たちも掲載されている。

また、巻頭では昨シーズンの優勝チームである渋谷ABEMAS・4名へのインタビューを実施。他にも新規加入のBEASTJapanextの4選手や監督インタビュー、醍醐プロ・渡辺プロ・浅見プロへのインタビューも載っており、新しい選手たちをより深く知るためにも、彼らの言葉を読んでおくのは非常に有意義だと言える。

細かなところでは、昨シーズンのダイジェストや今年のオフシーズンに行われた「Mトーナメント」のメンバーや結果なども紹介されている。また、Mリーグのランキングデータ集や用語集といった、知っておくとMリーグ観戦がさらに楽しくなる情報も満載。この一冊を読みこめば、そのままMリーグ通になれると言ってもいいほどの情報量で、読み応えは抜群。データ集というだけではなく、読み物としても十分楽しめるので、Mリーグを観るのであれば、購入しておいて損はないだろう。

また、ガイドブックはサイン帳としての側面もある。比較的選手に会う機会が多いMリーグだけに、毎年お目当ての選手のガイドブックページにサインをもらうというファンも少なくない。サインをもらったガイドブックは、まさにこの世に一冊のもの。今シーズンのMリーグをさらに深く楽しむためにも、ぜひお手元に置いておいていただきたい一冊だ。

(文・東川亮)

■『Mリーグ2023‐24 公式ガイドブック』

監修: 一般社団法人Mリーグ機構

出版社:KADOKAWA

発売日:2023年10月26日

定価:2970円 (本体2700円+税)

関連記事

おすすめ記事

  1. フォトグラファーでもある愛内よしえプロの 撮り下ろし写真で女流プロを紹介する 「MAHJ…
  2. 今回は、2023年(令和5年)11月18日〜19日に石川県金沢市で開催された「第38回国民文化祭 第…
  3. 2023年(令和5年)10月に開催された「ねんりんピック愛顔(えがお)のえひめ2023」の取材で愛媛…
  4. 東京都麻雀業協同組合(高橋常幸理事長)は2024年(令和6年)1月17日(水)、東京都港区赤坂『マリ…
ページ上部へ戻る