全国麻雀業組合総連合会

8月30日、恒例の行事であります「大阪麻雀連合会vs四国麻雀業組合連合会」の戦い「第4回西日本3人打ち麻雀大会」が、今年は香川県高松市の「千里本店」で開催されました。

我々大阪チーム23名が会場に着いた時には、四国チームの選手は全員揃っており、ゲストでお迎えした小島武夫プロも到着され、四国の選手と肩慣らしをされておりました。
午後1時、大阪20名・四国20名が席に着き、開会式が始まりました。
「過去3年は大阪の2勝1敗です。四国の選手が大阪へ来られた時は四国が勝ち、大阪が四国へ行った時は愛媛大会・徳島大会とも大阪が勝っております。今回も当然四国に来たのだから大阪の勝ちです」と試合前の挨拶で申し上げました。

すると四国を代表して青野勝・愛媛県連会長は「今回は手を抜かず真剣にやる」と話して、半荘4回戦の競技がスタートしました。
1回戦、私に大きな手が入り、今回も勝ちかなと思いました。しかし今年の相手は若い選手が多く手が早い。1回戦は1回もアガれず終わりました。2回戦は2万点も借りて終わり、3回戦も苦戦。4回戦ようやく小さなトップを取りましたが、大阪チームは皆がアガれないとぼやいていました。
団体戦、今年は駄目かと思っていたら、なんと惨敗も惨敗。1位から10位まですべて四国チームの選手。参りました。
平石憲正・高知県連会長が誇らしく「本気を出して申し訳ない」と言われました。
ぜひ次回の大会ではこの雪辱を果たしたいと思います。
(大阪麻雀連合会会長木下裕章)

関連記事

おすすめ記事

  1. 追憶の麻雀
    麻雀新聞第215号 1993年(平成5年)6月10日女子大生の雀荘リポート…
  2. 平成29年7月18日(火)、東京都千代田区『和泉橋区民会館』にて、全国麻雀業組合総連合会は「第12回…
  3. 追憶の麻雀
    麻雀新聞第209号 1992年(平成4年)12月10日まあじゃん時評変化こそが当たり前、…
  4. 一般社団法人全国麻雀段位審査会主催「第12回全日本高段者麻雀競技大会」が7月9日(日)に宮城県仙台市…
  5. 一般社団法人全国麻雀段位審査会主催「第12回全日本高段者麻雀競技大会」が7月9日(日)に宮城県仙台市…
  6. 全国麻雀業組合総連合会特別顧問である菅原勝治氏の叙勲を祝して、『菅原勝治氏・叙勲を祝…
  7. 今や、テレビ、インターネットを合わせる と、麻雀番組が放送されない日はないという時代となった。そんな…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

株式会社ささき

株式会社ささき

友だち追加 

ピックアップ記事

  1. 平成29年7月18日(火)、東京都千代田区『和泉橋区民会館』にて、全国麻雀業組合総連合会は「第12回…
  2. 追憶の麻雀
    麻雀新聞第209号 1992年(平成4年)12月10日まあじゃん時評変化こそが当たり前、…
  3. 一般社団法人全国麻雀段位審査会主催「第12回全日本高段者麻雀競技大会」が7月9日(日)に宮城県仙台市…
ページ上部へ戻る