Facebook

東京都麻雀業協同組合(津嶋哲也理事長)は9月4日、東京都港区新橋・ニュー新橋ビル「新雀荘」にて「第50回東京都段審麻雀競技大会」を開催した。

参加人数は48名。
大会は、津嶋理事長の開会挨拶でスタート。

小林一就・東京都段審委員長によるルール説明に続いて、50分打ち切り半荘4回戦の競技に入った。
熱戦の結果、見事優勝に輝いたのは、役満も成就して、圧倒的なスコアを叩き出した林田協三選手だった。
準優勝は会田昇選手、第3位は北野道尚選手、第4位は米澤滋選手、第5位は高野克男選手、第6位は大塚啓子選手、第7位は平林幸雄選手、第8位は鈴木直宏選手、第9位は西川朋子選手、第10位は福田和弘選手となった。
なお、成績上位6名までの選手には10月2日に開催される「第8回東京都知事杯麻雀競技大会」への出場資格が贈られた。
最後は安田輝和副理事長による閉会の挨拶で大会はつつがなく終了した。

関連記事

おすすめ記事

  1. オンライン麻雀『雀魂』が、リリース3周年を記念した「雀魂感謝際3rd」を2022年4月23日(土)1…
  2. U-NEXT Pirates・瑞原明奈プロが2022年4月20日(水)19時から放送されるTBS『東…
  3. Mリーグ・TEAM RAIDEN/雷電で活躍する黒沢咲プロ(日本プロ麻雀連盟)の著書『黒沢咲の 鳴か…
  4. 18周年を迎えたオンライン麻雀『Maru-Jan』。毎日約8000人で賑わう初心者から上級者まで自宅…
ページ上部へ戻る