「KADOKAWA サクラナイツ 2023‐2024 シーズン壮行会」開催! | 麻雀新聞

「KADOKAWA サクラナイツ 2023‐2024 シーズン壮行会」開催!

Mリーグ開幕を翌日に控えた2023年(令和5年)9月17日(日)、KADOKAWAによる日本最大級のポップカルチャー発信拠点である埼玉県所沢市『ところざわサクラタウン』にて「KADOKAWAサクラナイツ 2023‐24シーズン壮行会が開催された。

壮行会には全国各地からサポーターが参加。開始前にお話をお伺いした深澤さん(愛知県から夜行バスで)・木村さん(群馬県から)の女子大生2人組は、サクラナイツのツイッターで知り合い、以前のイベントで初めて会って仲良くなったそう。2人とも内川幸太郎プロ推しで、劇的なアガリとかっこいい打ちまわしを今シーズンも期待していると話してくれた。このように離れた場所に暮らしていて普通では知り合えない者同士が、Mリーグを通じて知り合い、仲良くなることができるなんて、本当に麻雀の裾野の広がりを感じることができた。

壮行会はMリーグ公式実況でおなじみの日吉辰哉プロの司会で進行。森井巧監督との絶妙な掛け合いで会場を盛り上げる。

いよいよ、内川幸太郎プロ、岡田紗佳プロ、堀慎吾プロ、渋川難波プロがステージに登場すると会場は大きな歓声と拍手で選手たちを迎えた。

第1部は、Mリーグ2023‐24シーズン開幕直前テーマトークということで、Mトーナメントを制した渋川プロの話や、新ユニフォーム・今シーズンのスポンサー、堀渋ネタなどで会場を大いに沸かせた。今シーズンについて気になるチームや選手のことを聞かれると、堀プロが本当に渡辺太プロ(赤坂ドリブンズ)との対局がとても楽しみと話していた。

つづいてのサクラナイツ対抗クイズ大会では、「麻雀 何待ちイントロクイズ!」や「サクラナイツのキャラクターデザイン対決」などが行われ、会場は爆笑の渦に包まれた。

最後にはあらためて今シーズンへのそれぞれの抱負を話し、このイベント参加者のみへのシークレット(拡散NG)としてサクラナイツ初戦の出場者が発表された。

第2部では、参加者とメンバー4人との5ショット撮影会が行われ、サポーターにとってはサクラナイツまみれの1日となった。

関連記事

おすすめ記事

  1. 「麻雀コラム」第83回 麻雀大好き落語家の三遊亭楽麻呂師匠が 「麻雀」で現代社会を愉快に…
  2. 2024年(令和6年)3月1日(金)に刊行された『ピークアウト』(近代麻雀コミックス)第1巻は、『鉄…
  3. 3月といってもまだ底冷えのする午前5時の歌舞伎町。短いコートやマフラーを羽織ってはいるものの、太もも…
  4. 現在、124団体(高校から大学の麻雀部およびサークル)の加盟団体ならびに約4565人の小学生から大学…
  5. 「麻雀店経営サポート」今月は、風営法許可後に起こるあれこれの出来事について詳しく解説していきます。特…
  6. 大好評連載「今夜、麻雀の楽しい未来を語りましょう!」。 こちらのコーナーを担当するのは、日本プ…
  7. フォトグラファーでもある愛内よしえプロの撮り下ろし写真で女流プロを紹介する 「MAHJONG …
  8. 日本最大のプロアマオープンタイトル戦「麻雀最強戦2024」がいよいよスタートした。2024年(令和6…
  9. 「明治安田生命保険相互会社」×「一般社団法人日本健康麻将協会」×「自治体」が協働!全国で健康マージャ…
  10. 大好評「今夜、麻雀の楽しい未来を語りましょう!」。 こちらのコーナーを担当するのは、日本プロ麻…
株式会社ささき

株式会社ささき

オンライン麻雀 Maru-Jan

オンライン麻雀 Maru-Jan

友だち追加 

ピックアップ記事

  1. 3月といってもまだ底冷えのする午前5時の歌舞伎町。短いコートやマフラーを羽織ってはいるものの、太もも…
  2. 毎春恒例の健康麻将協会最大のイベント開催! 「第31回健康麻将全国大会」 「第36回家族…
  3. 現在、124団体(高校から大学の麻雀部およびサークル)の加盟団体ならびに約4565人の小学生から大学…
ページ上部へ戻る