新年、あけましておめでとうございます

新年、あけましておめでとうございます

 様々な出来事のあった2017年も、名残惜しくも終わりを告げ、
 新たな希望に満ちた2018年がやってきました。

 みなさま、あけましておめでとうございます。

 旧年中は、特別なご高配を賜り、まことにありがたく厚く御礼申し上げます。

 さて、2017年といえば、実に多くの出来事がありましたが、
 その中でも、将棋界に生まれた記録は、感慨無量のものでしょう。

 史上最年長プロ棋士である加藤一二三九段の引退、
 史上最年少プロ棋士である藤井聡太四段の公式戦29連勝、
 羽生善治棋聖の、史上初の永世七冠達成、

 など、多くの人がその吉報を耳にしたことでしょう。

 「麻雀の社会学」の中で、井出洋介氏はこのように語っていました。

 「(中略)麻雀のゲームとしての優秀性は、囲碁や将棋に勝るとも劣らず、
 賭けとしてよりも競技として発達する可能性を充分持っている。
 事実、ここ十年ほどの間に、競技麻雀の基礎は、できあがってきたと言えるだろう。
 今後、麻雀が健全娯楽として市民権を得るためには、競技麻雀を発達させ、
 現在の囲碁、将棋の地位につかなければなるまい。(中略)」

 ふだん、将棋を指さない人たちですら、藤井聡太四段の奮闘を祈っていたように、
 麻雀もまた、人口に膾炙する競技となることを願い、
 そしてこの麻雀新聞が、その一助となることを誓って、
 本年も一同、皆様にご満足頂けるサービスを心がける所存でございますので、
 何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。

関連記事

おすすめ記事

  1. 厚生労働省は、今般の新型コロナウイルス感染症により影響を受ける事業主を支援するため、雇用調整助成金の…
  2. 令和 2 年 3 月 19 日新型コロナウイルス感染症対策専門家会議発表による「新型コロナウイルス感…
  3. 夕刊紙「夕刊フジ」が後援する 女流麻雀タイトル戦 「夕刊フジ杯争奪麻雀女流 リーグ2020」決勝戦開…
  4. 2020年(令和2年)3月17日(火)、東京都千代田区永田町『自民党本部リバティ4会議室』において、…
ページ上部へ戻る