第32回全日本麻雀競技大会、開催!

全国各地から228名の麻雀愛好者が参加!
北海道から参加の青木孝之選手が麻雀日本一に!

 一般社団法人全国麻雀段位審査会(齋藤正会長、以下全段審)主催による「第32回全日本麻雀競技大会」
 2017年11月26日(日)、東京都港区新橋・ニュー新橋ビルの『新雀荘』『岡』『ニュー新橋クラブ』『白鷺』の4会場を使って開催された。

 大会には全国から各都道府県・競技団体の代表選手228名が参加した。

 小出浩司・埼玉県麻雀段位審査会委員長の総合司会で開会式がスタート。
 開会挨拶を
 『新雀荘』会場が齋藤会長、
 『岡』会場が高橋常幸・東京都段審会長、
 『ニュー新橋クラブ』会場が香宗我部真・関東地区段審会長、
 『白鷺』会場が石端伸次郎・近畿地区段審会長が
 それぞれおこなった。

 次に
 全段審最高顧問である菅義偉・内閣官房長官、
 全国麻雀業組合総連合会最高顧問である鳩山由紀夫・元総理、
 全段審名誉総裁である小宮山洋子・元厚生労働大臣よりの祝電を、
 中庸雄・全段審ねんりんピック理事が披露した。

 その後、競技規定の説明を
 『新雀荘』会場が楠田重頼・全段審副委員長、
 『岡』会場が小林一就・東京都段審委員長、
 『ニュー新橋クラブ』会場が青野勝・四国地区段審会長、
 『白鷺』会場が望月雅継・全段審副委員長がそれぞれおこなって、
 50 分打ち切り半荘4回戦の競技に入った。

 また、会場には麻雀グッズ作家の一条いろはさんも駆けつけ、
 手作りのかわいい麻雀グッズの展示・販売に参加者の方々も興味津々であった。


麻雀グッズ作家の一条いろはさん

 競技終了後は、成績集計の時間を使って、
 お楽しみ対局
 (成績発表・表彰の準備が整うまでのエキストラ対局。最終4回戦の卓のメンバーで対局し、対局終了時間がきた時点での各卓の成績上位者に賞品を贈呈)
 がおこなわれた。

 本対局が終了し、リラックスしたこともあって、
 同卓者同士の会話も弾み、全国からの参加者もひとときの交流を楽しんだ。

 成績発表・表彰は各会場でおこなわれ、
 1位〜5位までのポイント差が10ポイントという大接戦を制して
 青木孝之選手(北海道麻雀段位審査会)が優勝した。
 優勝の青木選手には、賞状・優勝カップ・金メダル・副賞・五段位免状などが贈呈された。


優勝の青木選手

 準優勝は千野順男選手(日本麻雀道連盟)。
 千野選手には、賞状・銀メダル・副賞・四段位免状などが贈呈された。
 第3位は飯田喜一郎選手(東京都麻雀段位審査会)。
 飯田選手には、賞状・銅メダル・副賞・参段位免状などが贈呈された。
 第4位〜第6位の
 多田彰史選手(大阪府麻雀段位審査会)、
 中島武一郎選手(東京都麻雀段位審査会)、
 木南秀夫選手(東京都麻雀段位審査会)
 には、銅メダル・副賞・参段位免状認定書が贈呈された。

 また、トップレディ賞には全体第10位の阿部やす子選手(日本麻雀団体戦競技会)が輝き、
 株式会社麻雀新聞よりの記念の盾・副賞・弐段位免状認定書が贈呈された。

 その他、以下入賞者や飛賞・ブービー賞などの表彰に続いて、
 高木輝延・全段審委員長が閉会の辞を述べて、大会はつつがなく終了した。

関連記事

おすすめ記事

  1. 宮城県仙台市にて「第25回七夕杯東北麻雀チャンピオンシップ大会2018」が開催! 東北各県(加…
  2. 麻雀プロリーグ「M.LEAGUE」 麻雀のプロスポーツ化を目指す! 競技麻雀の最高峰! 初回優勝…
  3. プロ麻雀リーグ「Mリーグ」発足会見! 2018年10月にプロ麻雀リーグ「Mリーグ」がサイバーエージ…
  4. 一般社団法人全国麻雀段位審査会 「第13回全日本高段者麻雀競技大会」 宮城県仙台市で開催! …
株式会社ささき

株式会社ささき

オンライン麻雀 Maru-Jan

オンライン麻雀 Maru-Jan

株式会社きちみ製麺

株式会社きちみ製麺

友だち追加 
ページ上部へ戻る