大和証券Mリーグ2020レギュラーシーズン10日目、10月20日(火)の対戦カードは、KADOKAWAサクラナイツ×KONAMI麻雀格闘倶楽部×セガサミーフェニックス×TEAM RAIDEN/雷電。

第1試合は堀慎吾選手(KADOKAWAサクラナイツ)、前原雄大選手(KONAMI麻雀格闘倶楽部)、茅森早香選手(セガサミーフェニックス)、黒沢咲選手(TEAM RAIDEN/雷電)で戦われ、前原選手が一時箱下まで沈んだが、最終局をアガリきり大逆転で今シーズンの初トップを獲得した。

【第1試合】

1位 前原雄大選手(KONAMI麻雀格闘倶楽部) 30,300(+50.3)

2位 茅森早香選手(セガサミーフェニックス) 29,200(+9.2)

3位 黒沢咲選手(TEAM RAIDEN/雷電) 24,800(▲15.2)

4位 堀慎吾選手(KADOKAWAサクラナイツ) 15,700(▲44.3)

 

第2試合は、内川幸太郎選手(KADOKAWAサクラナイツ)、佐々木寿人選手(KONAMI麻雀格闘倶楽部)、魚谷侑未選手(セガサミーフェニックス)、瀬戸熊直樹選手(TEAM RAIDEN/雷電)で戦われ、南4局の親番でホンイツ小三元の6000オールをツモアガったささき選手がトップとなり、KONAMI麻雀格闘倶楽部が2連勝し最下位を脱出。一方トップを走っていたKADOKAWAサクラナイツが連続4着となり、一気にトップからラスまでの差が縮まった。

【第2試合】

1位 佐々木寿人選手(KONAMI麻雀格闘倶楽部) 58,800(+78.8)

2位 魚谷侑未選手(セガサミーフェニックス) 19,600(▲0.4)

3位 瀬戸熊直樹選手(TEAM RAIDEN/雷電) 15,800(▲24.2)

4位 内川幸太郎選手(KADOKAWAサクラナイツ) 5,800(▲54.2)

 

【10月20日まで、トータル結果】

1位 KADOKAWAサクラナイツ +95.5 10/90

2位 赤坂ドリブンズ +72.9 10/90

3位 EX風林火山 +72.8 10/90

4位 渋谷ABEMAS +52.3 10/90

5位 セガサミーフェニックス ▲8.6 10/90

6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲67.7 10/90

7位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲102.0 10/90

8位 U-NEXT Pirates ▲115.2 10/90

ⒸM.LEAGUE

関連記事

おすすめ記事

  1. オンライン麻雀『雀魂』が、リリース3周年を記念した「雀魂感謝際3rd」を2022年4月23日(土)1…
  2. U-NEXT Pirates・瑞原明奈プロが2022年4月20日(水)19時から放送されるTBS『東…
  3. Mリーグ・TEAM RAIDEN/雷電で活躍する黒沢咲プロ(日本プロ麻雀連盟)の著書『黒沢咲の 鳴か…
  4. 18周年を迎えたオンライン麻雀『Maru-Jan』。毎日約8000人で賑わう初心者から上級者まで自宅…
ページ上部へ戻る