麻雀ってこんなにも面白い! 読むとすぐに打ちたくなる 麻雀BOOKレビュー 友添敏之プロ入魂の一冊 『トップ1%の麻雀手筋』 (竹書房・近代麻雀戦術シリーズ) | 麻雀新聞

麻雀ってこんなにも面白い! 読むとすぐに打ちたくなる 麻雀BOOKレビュー 友添敏之プロ入魂の一冊 『トップ1%の麻雀手筋』 (竹書房・近代麻雀戦術シリーズ)

2023年(令和5年)7月3日(月)に出版された『トップ1%の麻雀手筋』(竹書房・近代麻雀戦術シリーズ)の著者は、最高位戦日本プロ麻雀協会に所属する友添敏之プロ。近年では「麻雀駅伝」「麻雀最強戦」「EX風林火山オーディション」などで活躍する傍ら、京都で飲食店を複数経営している、経営者としての顔も持っている麻雀プロだ。アフロに蝶ネクタイといった個性的な出で立ちで、記憶に残っている方も多いのではないだろうか。

本書はそんな友添プロが10年近く前から東京に足しげく通って参加している勉強会などで話を聞いた数々のトッププロの思考に迫るものとなっている。登場するプロは後にMリーガーとなる多井隆晴プロや園田賢プロ、村上淳プロ、石橋伸洋プロ、堀慎吾プロ、醍醐大プロなど「トップ1%」と銘打たれているだけあって、トップオブトップのプロたちによる緻密で深い思考が実際の局面を元に惜しげもなく明かされている。本人も実力者である友添プロが実際に話を聞いて驚愕し感銘を受けたという内容だけに、読者にとっては少々深すぎる話になるかもしれないが、麻雀の腕に覚えがある人ほど、友添プロの目線を通して強者の思考をより深く探れるものとなっている。

また、友添プロ自身のユーモアがありつつ飾らない人柄が文章にもあらわれており、決してマニアックなだけではなく非常に読みやすくなっているのも特徴の一つ。過去の局面について数年後に本人たちに話を聞きに行くなどフットワークも軽く、過去から現在に至るまでのトッププロの思考をスムーズに読み進めていけるので、決して麻雀上級者でなくとも読み物として楽しめる。トッププロたちのキャラクターにも触れているコラムや堀慎吾プロのロングインタビューもあり、プロたちがどんな人物なのかを知ることができるという点も、この本の魅力の一つと言えるだろう。

内容が高度過ぎてすぐに実戦で使えるかどうかは分からないが、読んだ内容を記憶の片隅に留めておけばどこかで役に立つ場面が来るかもしれない。そして、トッププロの思考の深さを改めて感じることができる。そうした点で、非常に興味深い内容となっているので、手元に置いておいて決して損はないだろう。

友添プロのファンの方はもちろん、それぞれのプロの思考に迫るという意味でも、オススメの一冊だ。

(文・東川亮)

◼『トップ1%の麻雀手筋』

著者:友添敏之

出版社:竹書房(近代麻雀戦術シリーズ)

発売日:2023年7月3日

定価:1540円(税込)

関連記事

おすすめ記事

  1. 現在、124団体(高校から大学の麻雀部およびサークル)の加盟団体ならびに約4565人の小学生から大学…
  2. 「麻雀店経営サポート」今月は、風営法許可後に起こるあれこれの出来事について詳しく解説していきます。特…
  3. 大好評連載「今夜、麻雀の楽しい未来を語りましょう!」。 こちらのコーナーを担当するのは、日本プ…
  4. フォトグラファーでもある愛内よしえプロの撮り下ろし写真で女流プロを紹介する 「MAHJONG …
  5. 日本最大のプロアマオープンタイトル戦「麻雀最強戦2024」がいよいよスタートした。2024年(令和6…
  6. 「明治安田生命保険相互会社」×「一般社団法人日本健康麻将協会」×「自治体」が協働!全国で健康マージャ…
  7. 大好評「今夜、麻雀の楽しい未来を語りましょう!」。 こちらのコーナーを担当するのは、日本プロ麻…
  8. フォトグラファーでもある愛内よしえプロの 撮り下ろし写真で女流プロを紹介する 「MAHJ…
  9. 健康マージャンの定着やMリーグの誕生、『雀魂』等のネット麻雀の人気、そして今や、少女漫画誌に麻雀をテ…
  10. 2024年(令和6年)1月26日(金)・27日(土)の両日、宮城県仙台市において「麻雀フェスティバル…
株式会社ささき

株式会社ささき

オンライン麻雀 Maru-Jan

オンライン麻雀 Maru-Jan

友だち追加 

ピックアップ記事

  1. 毎春恒例の健康麻将協会最大のイベント開催! 「第31回健康麻将全国大会」 「第36回家族…
  2. 現在、124団体(高校から大学の麻雀部およびサークル)の加盟団体ならびに約4565人の小学生から大学…
  3. オンライン麻雀『Maru-Jan』20周年記念イベント 東京都『有明コロシアム』を舞台に今世紀…
ページ上部へ戻る