第9回全日本高段者麻雀競技大会

一般社団法人全国麻雀段位審査会

全国麻雀段位審査会(齋藤正会長)主催による「第9回全日本高段者麻雀競技大会」は7月13日、宮城県仙台市青葉区の「グランド麻雀ホール藤」で開催された。

この大会には、全国から各地区・県段審、15の競技団体が競技・運営に参加協力し、大会を通して【麻雀段位高段者としての技量を相互に研鑽し、一般愛好者の範となるべく正しいマナーを身につけ、全国の高段者間の交流を深め、親睦を図る】ことを目的としている。
200名の高段者(四段以上)が参加した第9回大会は、阿部輝義・宮城県段審副委員長の司会進行で開会。
齋藤会長の開会挨拶、木下裕章・全段審相談役の挨拶に続いて、大会顧問の佐々木両道・仙台市議会議員、財務副大臣で復興副大臣の愛知治郎・参議院議員秘書の山田容子さんが祝辞を述べた。

その後、協賛商社紹介として㈱スリーアローズコミュニケーションズの豊田元章氏の挨拶に続いて、全段審最高顧問である内閣官房長官の菅義偉・衆議院議員、全段審名誉総裁である小宮山洋子・元厚生労働大臣、愛知治郎・参議院議員の祝電が中庸雄・全雀連法務渉外委員会委員長より披露された。
そして高木輝延・東北地区段審委員長が競技規定について説明し、50分打ち切り半荘6回戦の競技に入った。
競技終了後は最終集計の時間を使って、大会顧問である相沢光哉・宮城県議会議員、同じく大会顧問でゲスト参加の江橋崇・法政大学名誉教授による大会講評が行なわれた。

全6回戦の大熱戦を制し、見事優勝に輝いたのは、相沢亮太四段(宮城県麻雀段位審査会)。
15万円相当の商品券と六段位認定証が齋藤会長から贈られた。
また、相沢四段はこの大会の前身である「東日本高段者交流麻雀競技大会」の第7回を制した相沢喜洋氏のご子息ということで、この「高段者大会」での親子2代の戴冠となった。
準優勝は田中秀夫四段(福島県麻雀段位審査会)。6万円相当の商品券と六段位認定証が木下相談役から贈られた。
第3位は中島小一郎七段(近畿地区麻雀段位審査会)。4万円相当の商品券と六段位認定証が相沢大会顧問から贈られた。
さらに20位までの入賞他、各賞の表彰の後、山岸委員長の閉会の挨拶で大会を終了した。

関連記事

おすすめ記事

  1. 厚生労働省は、今般の新型コロナウイルス感染症により影響を受ける事業主を支援するため、雇用調整助成金の…
  2. 令和 2 年 3 月 19 日新型コロナウイルス感染症対策専門家会議発表による「新型コロナウイルス感…
  3. 夕刊紙「夕刊フジ」が後援する 女流麻雀タイトル戦 「夕刊フジ杯争奪麻雀女流 リーグ2020」決勝戦開…
  4. 2020年(令和2年)3月17日(火)、東京都千代田区永田町『自民党本部リバティ4会議室』において、…
ページ上部へ戻る