第17期長野県麻雀王長野県麻雀有段者大会

Facebook

勝ち上がり戦というユニークな大会形式で行なわれる長野県の大会「第17期長野県麻雀王・長野県麻雀有段者大会」が開催された。

今年は5月25日(初段・2段戦)、6月8日(3段・4段戦)、6月22日(高段者戦)、7月6日(決勝戦)日程で長野市の「麻雀クラブ東通」で行なわれた。
この1か月以上にわたる勝ち上がり戦を制して、見事第17期長野県麻雀王に輝いたのは竹村直樹選手(4段)となった。
準優勝は若林征彦選手(5段)、第3位は穂谷文雄選手(5段)、第4位は斎藤康裕選手(3段)だった。

関連記事

おすすめ記事

  1. 厚生労働省は、今般の新型コロナウイルス感染症により影響を受ける事業主を支援するため、雇用調整助成金の…
  2. 令和 2 年 3 月 19 日新型コロナウイルス感染症対策専門家会議発表による「新型コロナウイルス感…
  3. 夕刊紙「夕刊フジ」が後援する 女流麻雀タイトル戦 「夕刊フジ杯争奪麻雀女流 リーグ2020」決勝戦開…
  4. 2020年(令和2年)3月17日(火)、東京都千代田区永田町『自民党本部リバティ4会議室』において、…
ページ上部へ戻る