第17期長野県麻雀王長野県麻雀有段者大会

Facebook

勝ち上がり戦というユニークな大会形式で行なわれる長野県の大会「第17期長野県麻雀王・長野県麻雀有段者大会」が開催された。

今年は5月25日(初段・2段戦)、6月8日(3段・4段戦)、6月22日(高段者戦)、7月6日(決勝戦)日程で長野市の「麻雀クラブ東通」で行なわれた。
この1か月以上にわたる勝ち上がり戦を制して、見事第17期長野県麻雀王に輝いたのは竹村直樹選手(4段)となった。
準優勝は若林征彦選手(5段)、第3位は穂谷文雄選手(5段)、第4位は斎藤康裕選手(3段)だった。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2020年7月1日(水)、一般社団法人Mリーグ機構は、 2020年10月より開催予定の「Mリーグ20…
  2. 厚生労働省は6月24日(水)、今年10月31日から11月3日に岐阜県で開催予定だった「第33回全国健…
  3. 文化庁は6月23日(火)、今年10月17日から12月6日に宮崎県で開催予定だった「第35回国民文化祭…
  4. with新型コロナという日常の中での麻雀の必需品!ウイルス対策・飛沫防止麻雀卓用シートシールド『ジャ…
ページ上部へ戻る