第17期長野県麻雀王長野県麻雀有段者大会

Facebook

勝ち上がり戦というユニークな大会形式で行なわれる長野県の大会「第17期長野県麻雀王・長野県麻雀有段者大会」が開催された。

今年は5月25日(初段・2段戦)、6月8日(3段・4段戦)、6月22日(高段者戦)、7月6日(決勝戦)日程で長野市の「麻雀クラブ東通」で行なわれた。
この1か月以上にわたる勝ち上がり戦を制して、見事第17期長野県麻雀王に輝いたのは竹村直樹選手(4段)となった。
準優勝は若林征彦選手(5段)、第3位は穂谷文雄選手(5段)、第4位は斎藤康裕選手(3段)だった。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2021年(令和3年)8月29日(日)、宮崎県宮崎市『シーガイアコンベンションセンター』にて第35回…
  2. 第35回国民文化祭・みやざき2020 第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会「全日本健康マージャ…
  3. 2021年(令和3年)8月1日(日)麻雀の日(パイの日)に、愛媛県松山市『KIT JAO』にて、四国…
  4. 東京No.1雀士を決める大会「第64回オール★東京麻雀競技大会」が2021年(令和3年)8月1日麻雀…
ページ上部へ戻る