第5回全国麻雀選手権のプロ選抜部門A卓B卓の対局が4月22日に行われた。

―以下、企業発表文を掲載しております―

賞金総額1000万円で話題を集めている第5回全国麻雀選手権(主催:シグナルトーク)の
プロ選抜部門A卓・B卓の対局が4月22日に行われた。

A卓の出場者は、金子正輝(最高位戦日本プロ麻雀協会)、阿部孝則(RMU)、
井出洋介(麻将連合)、足木優(最高位戦日本プロ麻雀協会)の4人。
1回戦目は、東1局の親番で6000オールをツモるなど、
好調さを見せつけこのまま阿部で決まりかという展開が続いた。
オーラスもあっさり2ソーと中のシャンポンテンパイを入れ「やはり…」という
雰囲気になったが、リーチをかけたくないという状況がそうさせたのか
中の片アガリの状況を嫌い、阿部はここからテンパイ取らずの打中を選択。

すると、金子がその瞬間にメンホン・チートイツ・赤の中単騎をテンパイし即リーチ。
そのリーチを受け、安牌ゼロの阿部が選択したのが、前巡に切った中。
まさかまさかの倍満放銃。トップを取ったものの、大きなリードを失ってしまう。

点棒だけでなく精神的にも大きなショックを受けたのか阿部は2回戦も苦戦。
金子、井出、足木の猛攻を受け気づけばラス。4人の意地とプライドがぶつかり合い、
2回戦のオーラスでは金子、足木がアガれば準決勝進出、阿部もトータル2位の金子との差を
5000点ほどまでに縮め誰が勝ってもおかしくない大接戦に。

配牌の段階では金子有利かと思われたが、途中から急速な手牌の変化を見せたのが足木。
次々と有効牌を引き、真っ先にテンパイにこぎつける。
そのまま、アガリ牌も当然のように引き寄せ足木優がA卓の勝者となった。

B卓の出場者は、須田良規(日本プロ麻雀協会)、石橋伸洋(最高位戦日本プロ麻雀協会)、
佐藤聖誠(最高位戦日本プロ麻雀協会)、日向藍子(最高位戦日本プロ麻雀協会)の4人。
こちらは、2回戦に見どころが満載だった。1回戦トップだった須田包囲網が開局から敷かれる。
リーチを打っても須田以外からはアガらない、見逃してくれると分かっているので他の2人も簡単にはオリない。
そんな三人に囲まれた須田は徐々に点棒を減らし、三人の理想通りラス目に落とされる。

あとは、三人の誰がトップを取るか。この千載一遇のチャンスをものにしたのが日向。
道中頭ひとつ抜け出すと、オリるにオリれない佐藤、石橋から点棒を稼ぎ、須田からは巧みに
佐藤と石橋の現物で打ち取るなど気づけば5万点オーバー。
このまま逃げ切り見事に準決勝への進出を決めた。

奇しくもA、B両卓とも初戦3着の選手、女流プロが勝ち上がる結果となった。

プロ選抜部門の予選対局は、5月24日(水)と5月28(日)にも行われる。

関連記事

おすすめ記事

  1. ※© AbemaTV 大和証券Mリーグ2018 初戦ついに開幕! 第三回戦、第四回戦は「赤坂ドリ…
  2. ※© M.LEAGUE 大和証券Mリーグ2018 初戦ついに開幕! 第一回戦は「赤坂ドリブンズ、…
  3. Mリーグ 試合スケジュール発表!  8月7日(火)にドラフト会議が行われて久しい、Mリーグがつ…
  4. 関東「麻雀強化合宿2018」・関西「関西夏合宿2018」 麻雀三昧の夏の思い出! …
  5. 麻雀人に話を聞こう! vol.1 日本プロ麻雀協会 ニコラスプロ 海を越えて日本の裏側からや…
  6. 『全日本健康マージャン交流大会』の情報がついに解禁!!  「全日本健康マージャン交流大会」の情報が…
  7. 麻雀プロリーグ「M.LEAGUE」 麻雀のプロスポーツ化を目指す! 競技麻雀の最高峰! 初回優勝…
  8. プロ麻雀リーグ「Mリーグ」発足会見! 2018年10月にプロ麻雀リーグ「Mリーグ」がサイバーエージ…
株式会社ささき

株式会社ささき

オンライン麻雀 Maru-Jan

オンライン麻雀 Maru-Jan

株式会社きちみ製麺

株式会社きちみ製麺

友だち追加 
ページ上部へ戻る