第5回全国麻雀選手権 プロ選抜部門速報! | 麻雀新聞

第5回全国麻雀選手権のプロ選抜部門A卓B卓の対局が4月22日に行われた。

―以下、企業発表文を掲載しております―

賞金総額1000万円で話題を集めている第5回全国麻雀選手権(主催:シグナルトーク)の
プロ選抜部門A卓・B卓の対局が4月22日に行われた。

A卓の出場者は、金子正輝(最高位戦日本プロ麻雀協会)、阿部孝則(RMU)、
井出洋介(麻将連合)、足木優(最高位戦日本プロ麻雀協会)の4人。
1回戦目は、東1局の親番で6000オールをツモるなど、
好調さを見せつけこのまま阿部で決まりかという展開が続いた。
オーラスもあっさり2ソーと中のシャンポンテンパイを入れ「やはり…」という
雰囲気になったが、リーチをかけたくないという状況がそうさせたのか
中の片アガリの状況を嫌い、阿部はここからテンパイ取らずの打中を選択。

すると、金子がその瞬間にメンホン・チートイツ・赤の中単騎をテンパイし即リーチ。
そのリーチを受け、安牌ゼロの阿部が選択したのが、前巡に切った中。
まさかまさかの倍満放銃。トップを取ったものの、大きなリードを失ってしまう。

点棒だけでなく精神的にも大きなショックを受けたのか阿部は2回戦も苦戦。
金子、井出、足木の猛攻を受け気づけばラス。4人の意地とプライドがぶつかり合い、
2回戦のオーラスでは金子、足木がアガれば準決勝進出、阿部もトータル2位の金子との差を
5000点ほどまでに縮め誰が勝ってもおかしくない大接戦に。

配牌の段階では金子有利かと思われたが、途中から急速な手牌の変化を見せたのが足木。
次々と有効牌を引き、真っ先にテンパイにこぎつける。
そのまま、アガリ牌も当然のように引き寄せ足木優がA卓の勝者となった。

B卓の出場者は、須田良規(日本プロ麻雀協会)、石橋伸洋(最高位戦日本プロ麻雀協会)、
佐藤聖誠(最高位戦日本プロ麻雀協会)、日向藍子(最高位戦日本プロ麻雀協会)の4人。
こちらは、2回戦に見どころが満載だった。1回戦トップだった須田包囲網が開局から敷かれる。
リーチを打っても須田以外からはアガらない、見逃してくれると分かっているので他の2人も簡単にはオリない。
そんな三人に囲まれた須田は徐々に点棒を減らし、三人の理想通りラス目に落とされる。

あとは、三人の誰がトップを取るか。この千載一遇のチャンスをものにしたのが日向。
道中頭ひとつ抜け出すと、オリるにオリれない佐藤、石橋から点棒を稼ぎ、須田からは巧みに
佐藤と石橋の現物で打ち取るなど気づけば5万点オーバー。
このまま逃げ切り見事に準決勝への進出を決めた。

奇しくもA、B両卓とも初戦3着の選手、女流プロが勝ち上がる結果となった。

プロ選抜部門の予選対局は、5月24日(水)と5月28(日)にも行われる。

関連記事

おすすめ記事

  1. 現在、124団体(高校から大学の麻雀部およびサークル)の加盟団体ならびに約4565人の小学生から大学…
  2. 「麻雀店経営サポート」今月は、風営法許可後に起こるあれこれの出来事について詳しく解説していきます。特…
  3. 大好評連載「今夜、麻雀の楽しい未来を語りましょう!」。 こちらのコーナーを担当するのは、日本プ…
  4. フォトグラファーでもある愛内よしえプロの撮り下ろし写真で女流プロを紹介する 「MAHJONG …
  5. 日本最大のプロアマオープンタイトル戦「麻雀最強戦2024」がいよいよスタートした。2024年(令和6…
  6. 「明治安田生命保険相互会社」×「一般社団法人日本健康麻将協会」×「自治体」が協働!全国で健康マージャ…
  7. 大好評「今夜、麻雀の楽しい未来を語りましょう!」。 こちらのコーナーを担当するのは、日本プロ麻…
  8. フォトグラファーでもある愛内よしえプロの 撮り下ろし写真で女流プロを紹介する 「MAHJ…
  9. 健康マージャンの定着やMリーグの誕生、『雀魂』等のネット麻雀の人気、そして今や、少女漫画誌に麻雀をテ…
  10. 2024年(令和6年)1月26日(金)・27日(土)の両日、宮城県仙台市において「麻雀フェスティバル…
株式会社ささき

株式会社ささき

オンライン麻雀 Maru-Jan

オンライン麻雀 Maru-Jan

友だち追加 

ピックアップ記事

  1. 毎春恒例の健康麻将協会最大のイベント開催! 「第31回健康麻将全国大会」 「第36回家族…
  2. 現在、124団体(高校から大学の麻雀部およびサークル)の加盟団体ならびに約4565人の小学生から大学…
  3. オンライン麻雀『Maru-Jan』20周年記念イベント 東京都『有明コロシアム』を舞台に今世紀…
ページ上部へ戻る