学生麻雀連盟近畿本部主催マージャン冬合宿開催!

寒冷の峠を越え、日光が覗くとその温かさが徐々に春の訪れを感じさせる2月中旬。学生麻雀連盟近畿本部恒例となる冬合宿が和歌山県の紀州・白浜温泉「むさし」にて開催された。

夏冬通算7回目となる近畿合宿。今回は10大学から32名が参加して交流を図った。
この合宿の特徴として、京都・新大阪各駅に集合し貸切バスで現地に移動するというものがある。白浜までの道中、車内では初参加の学生もいるため、自己紹介とチーム分けをした後、レクリエーションが行われた。イントロクイズやイラスト伝言ゲームなど様々な企画で車内は多いに盛り上がった。

宿泊先の「むさし」に到着後、昼食を摂り、さっそくマージャン大会。夏は海で泳ぎ、冬は屋内でマージャンというのが近畿合宿の通例となっており、今回もその例には漏れずマージャン大会が開催されました。
ルールは単純。各卓に卓マスターを配置し、卓マスターより順位が上だった場合、その馬身分のシールがもらえる。その枚数で勝負するというものだ。卓マスター毎に特殊ルールも設定されており、参加者全員がすべての卓マスターと様々なルールで打てる充実した企画となった。優勝者以下、用意された景品をゲットして面々はとても満足気であった。
マージャン大会が終わり、夕食後はオンライン対戦麻雀「天鳳」のパブリックビューイング。学生の高段者が自らの思考を交えながら対局するといった内容で、参加者はその技術を吸収しようと真剣に耳を傾けていた。

その後は合宿の醍醐味である自由時間。各自部屋にマージャン卓を持ち込み朝までマージャンを打っており、私が明け方部屋を回った時にも、元気な学生たちの様子が見られ、マージャンに対する熱意が伝わってきた。
日が昇り、合宿2日目。朝食を摂った後は、チームに分かれての団体戦。団体としての勝敗だけでなく、個人優勝者には「麻雀最強戦2016」の「学生最強位決定戦」への参加権が授与される。そのためもあってか、1日目以上の盛り上がりを見せ、ある卓では役満が2局連続で飛び出すなど熱い対局が行われた。優勝者は、京都文教大学の部長。見事「学生最強位決定戦」へのチケットを手にした。

近畿代表としてぜひとも頑張ってほしい。
団体戦終了後、バスに乗り込んだ参加者は合宿の疲れが一気にきたようで、帰路の車内では寝息がところどころから耳に入ってきた。今回で7回目となった近畿合宿だが、企画側も学生主体で運営できるようになり、学生の学生による学生のための団体にまた1歩近づいたのではないだろうか。
今後、更に近畿マージャン界、引いては全国学生マージャン界が発展することを願って筆を納めたいと思う。
(学生麻雀連盟近畿本部事務局・高良匡史)

関連記事

おすすめ記事

  1. 麻雀プロリーグ「M.LEAGUE」 麻雀のプロスポーツ化を目指す! 競技麻雀の最高峰! 初回優勝…
  2. プロ麻雀リーグ「Mリーグ」発足会見! 2018年10月にプロ麻雀リーグ「Mリーグ」がサイバーエージ…
  3. 一般社団法人全国麻雀段位審査会 「第13回全日本高段者麻雀競技大会」 宮城県仙台市で開催! …
  4. ミスター麻雀・小島武夫プロ 追悼番組 7月1日(日) 午前10時より7時間に渡り MONDO …
株式会社ささき

株式会社ささき

オンライン麻雀 Maru-Jan

オンライン麻雀 Maru-Jan

株式会社きちみ製麺

株式会社きちみ製麺

友だち追加 
ページ上部へ戻る