第12回全日本高段者麻雀競技大会、宮城県仙台市で開催!

一般社団法人全国麻雀段位審査会主催「第12回全日本高段者麻雀競技大会」が7月9日(日)に宮城県仙台市で開催!(大会前半戦詳報)

一般社団法人全国麻雀段位審査会(山岸次雄理事長)は7月9日(日)、「第12回全日本高段者麻雀競技大会」を宮城県仙台市の『グランド麻雀ホール藤』『定禅寺クラブ』の2会場を使って開催した。

この大会は、「麻雀段位高段者としての技量を相互に研鑽する」「一般愛好者の範となるべく正しいマナーを身につける」「全国高段者間の交流を深め、親睦を図る」ことを目的として、全国の高段者(全段審または各競技団体の四段以上の資格者)が参加して、宮城県仙台市にて毎年開催されているもの。12回目の開催となった今大会には、全国から232名の高段者が参加した。

大会は、高木輝延・一般社団法人全国麻雀段位審査会委員長の司会で進行。山岸理事長の開会挨拶に続いて、ゲスト参加の灘麻太郎・日本プロ麻雀連盟名誉会長が来賓挨拶を行った。

ゲストの灘麻太郎プロと卓を囲む参加者たち

次に、このたび九段位に昇段された村山健太郎さん(宮城県)の免許状交付式が行われ、山岸理事長より村山さんへ九段位免許状が授与された。

次に、一般社団法人全国麻雀段位審査会最高顧問である菅義偉内閣官房長官、宮城県麻雀団審査会特別顧問である愛知治郎参議院議員の祝電が披露され、続いて協賛商社として、『グランド麻雀ホール藤』『株式会社スリーアローズコミュニケーションズ』『株式会社ウインライト』が紹介された。

競技は50分打ち切り半荘6回戦。競技に先立って楠田重頼・一般社団法人全国麻雀段位審査会副委員長が競技規定の説明を行い、競技に入った。

また、「定禅寺クラブ」会場では、中庸雄・一般社団法人全国麻雀段位審査会理事が開会挨拶、田端靖浩・宮城県麻雀段位審査会委員が競技規定の説明を行い、競技に入った。

『定禅寺クラブ』会場のもよう

大会セレモニー開始前、昨年11月に開催された一般社団法人全国麻雀段位審査会のもう一つの主催大会「全日本麻雀競技大会」の優勝者である伊藤元隆さん(新潟県)を中心に歓談の輪がひろがっているのでお話を伺ってみると、開口一番「今回は期待のホープを連れて来ました」とのこと。そこで伊藤さんに誘われて、今大会初出場という菊池考太郎さん(新潟県、35歳)を直撃。「麻雀は、健康マージャンを中心にほぼ週7で楽しんでいます。定期的に東京などにも旅打ちに行ったりしています。今回はもちろん優勝のみを目指します」と力強く語ってくれた。その和気藹々とした輪のなか、小林妙子さん(滋賀県)は「昨年の全日本麻雀競技大会で伊藤さんに負かされたのよ〜」と笑顔で一言。このように、全国大会というのは県外の方と親交を深め、再会を果たすという素晴らしい場であることを再確認した。

左下から時計回りに菊池さん、伊藤さん、小林さん

さて、大会を制する者は誰であろうか?後半戦続報に乞うご期待!

 

関連記事

おすすめ記事

  1. 一般社団法人全国麻雀段位審査会 「第13回全日本高段者麻雀競技大会」 宮城県仙台市で開催! …
  2. こうちシニアスポーツ交流会2018“健康マージャン”開催!  4月28日(土)~6月10日(日…
  3. ミスター麻雀・小島武夫プロ 追悼番組 7月1日(日) 午前10時より7時間に渡り MONDO …
  4. 紀の国いきいき健康長寿祭「健康麻雀交流大会」!!  6月20日(水)、和歌山県は和歌山市、県民…
株式会社ささき

株式会社ささき

オンライン麻雀 Maru-Jan

オンライン麻雀 Maru-Jan

株式会社きちみ製麺

株式会社きちみ製麺

友だち追加 
ページ上部へ戻る