【追憶の麻雀】第75回「21世紀の繁栄を祈念しルールの改善へ提言」

追憶の麻雀

麻雀新聞第205号 1992年(平成4年)8月10日

 

千紫万紅

21世紀の繁栄を祈念しルールの改善へ提言

金沢市 松本晴吉

 

私は『麻雀新聞』を毎号嬉しく愛読させていただいている一雀人です。雀歴50年、定年をとっくに済んだ老人ですが、マージャンをこよなく愛し毎日牌を握らぬ日がない雀狂の一人です。

最近若い人たちの間でマージャン熱が消えつつありますこと、残念でなりません。また、リーチマージャン、ドラマージャン発生以来、全国統一ルールがなく、諸々の団体がいろんなルールで競技されていることに疑問を抱いている一人でもあります。これは明らかにマージャンゲームの役と点数計算の複雑化によるものであり、21世紀へ向けてこの改善に業界挙げて取り組まねばならない時期にきていると思います。

『麻雀新聞』4月号11面「新ルール作成試案」を読ませていただき同慶に堪えません。ここには、①入門ルール②公式ルール③プロルールとありますが、①入門ルールのみ仔細が少々載せてある程度で②公式ルール③プロルールの仔細の説朋がとぼしく、ここに私の「21世紀のマージャン」と称して、全国統一ルールの新マージャンを提案申し上げる次第です。

そもそもマージャンが日本で定着して約70年しかたっていませんが、昭和4年に日本麻雀連盟が菊池寛氏らによって設立されて以来、戦前はいちおう全国統一ルールで育ってきたわけですが、戦後、「報知ルール」「天野大三氏のリーチマージャン」で日本麻雀連盟の分派が生まれてからいろいろな団体ができ、ドラマージャンが誕生、「アリアリルール」「完先ルール」など、ルールが一本化されず今日に至っているわけで、リーチ・チートイツなしの連盟ルール、リーチマージャンのリーチやサンショクドウジュン役、ドラマージャンのそれぞれの良いところを取り入れて一本化をさせ、天野晴夫氏提案の「符なしマージャン]の良い面を取り上げて私の試案となったわけです。

このルールで実際やってみますと、先ヅモなしのため先ずエチケットが重んじられる点、また点数計算が非常に簡単で誰でもできる点、本来のマンガンのようにマンガンができにくい点、親子の点数差がないため技が十二分に発揮されている点、順位点の加味で興味を増すことができる点など、マージャンの本質を変えることなく楽しむことができると信じます。

また、リーチなしのためリーチ直後の不本意な打牌はなく、メンゼンーハンのためやたらの食い散らしマージャンも防げ、本当に上品なマージャンになるかとも思います。

 

21世紀の新麻雀

 

  • 40分の時間制限。(5分前に合図あり、時間切れでも、その局が終わるまで打つことができる)
  • オール1ハンしばり。(食いタン、後づけあり)(メンゼンならロンホーでも1ハンつく)
  • 符は一切なくリーチなし。(もちろん一発も裏ドラもなし)
  • ドラ牌は一目上がり。(1枚につき一ハン、カンでもドラは増えない)
  • 2人ロン、3人ロンなしですべて頭ハネ。
  • 親がテンパイでも流れる。
  • 流れや連チャンでも、積み棒、ノーテン罰符はなし.
  • 流しマンガンはなし。
  • フリテンはロンホーはできない。(ツモあがりは認める)
  • 赤牌は一切使わない。
  • 同巡内での選択あがりは認めない。
  • サイコロは親決め以外、手積み卓は2度振り、全自動卓は1度振りとする。
  • チョンボは親は流さず、他3家に5本ずつ支払う。
  • 空チー・空ポン・空カン・多牌・少牌、および故意に手配の一部や全部を公開した者は、その局のあがりおよびその後のチー・ポン・カンの権利放棄となる。
  • パオ(禁止牌)は、2フーロまたは3フーロしている者にさらにフーロさせることにより役満または、大満を確定させた場合に成立し、ツモあがりは一人責任払い、ロンホーは放銃者との折半払い。ただしチンロートウ、スーシーホー、ツーイーソーの最後の牌でロンホーさせた場合は放銃者の一人払い。
  • (附則)パオ牌がフリテン牌であったり、同順内での選択ポン出の場合はパオの罰則は免れる。
  • 持ち点は30本持ちハンディなしの30本返し。ただし1局ごとに別表の順位点を加算し精算する
  • 得点の計算は次の通り。

1ハン

ツモ(1本オール)

ロンホー(3本)

2ハン

ツモ(2本オール)

ロンホー(6本)

3ハン

ツモ(3本オール)

ロンホー(9本)

4ハン

ツモ(4本オール)

ロンホー(12本)

5ハン

ツモ(5本オール)

ロンホー(15本)

6ハン

ツモ(6本オール)

ロンホー(18本)

7ハン

ツモ(7本オール)

ロンホー(21本)

8ハン以上(マンガン)

ツモ(8本オール)

ロンホー(24本)

役満

ツモ(10本オール)

ロンホー(30本)

大満

ツモ(13本オール)

ロンホー(39本)

 

(親・子で得点の差はなし)

  • あがり役

《加ハン役》ハイテイツモ・チャンカン・リンシャンカイホー(ツモあがり)ドラ牌1枚につき1加ハン(加ハン役は1ハンしばりの対象外)

《1ハン役》メンゼン(ロンホーとツモも同じ)・イッキツウカン・タンヤオ・チャンタ・イッペイコウ(でき上がりのみ)・サンショクドウジュン・小三同刻・チートイツ・アンカン1組・ミンカン2組ハン牌1組

《2ハン役》トイトイ・ジュンチャン・ホンイーソー・サンアンコー・ホンロウトウ・ショウサンゲン・リャンペイコウ・サンショクドウコウ(連風牌はなし)

《4ハン役》チンイーソー・リュウイーソー・レンホー(チー・ポン・カンのない1巡目のあがり)

《役満役》シーサンヤオチュウ(1メン待ち)・ダイサンゲン・スーアンコー・ショウスーシーホー・チュウレンポートウ(9メン待ち以外)・テンホー・チーホー(1巡目の子のツモ)

《大満役》純正チュウレンポートウ(9メン待ち)・ツーイーソー・チンロートウ・ダイスーシーホー・シーサンヤオチュウ(国士の13メン待ち)・ダブル役満

 

《順位点》

1位 2位 3位 4位
1人プラス +9本 -1本 -3本 -5本
1人プラス・1人原点 +8本 0 -3本 -5本
1人プラス・2人原点 +7本 0 0 -7本
2人プラス +7本 +3本 -3本 -7本
2人プラス・1人原点 +5本 +3本 0 -8本
3人プラス +5本 +3本 +1本 -9本
4人原点 0 0 0 0

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

おすすめ記事

  1. ※© AbemaTV 大和証券Mリーグ2018 初戦ついに開幕! 第三回戦、第四回戦は「赤坂ドリ…
  2. ※© M.LEAGUE 大和証券Mリーグ2018 初戦ついに開幕! 第一回戦は「赤坂ドリブンズ、…
  3. Mリーグ 試合スケジュール発表!  8月7日(火)にドラフト会議が行われて久しい、Mリーグがつ…
  4. 関東「麻雀強化合宿2018」・関西「関西夏合宿2018」 麻雀三昧の夏の思い出! …
  5. 麻雀人に話を聞こう! vol.1 日本プロ麻雀協会 ニコラスプロ 海を越えて日本の裏側からや…
  6. 『全日本健康マージャン交流大会』の情報がついに解禁!!  「全日本健康マージャン交流大会」の情報が…
  7. 麻雀プロリーグ「M.LEAGUE」 麻雀のプロスポーツ化を目指す! 競技麻雀の最高峰! 初回優勝…
  8. プロ麻雀リーグ「Mリーグ」発足会見! 2018年10月にプロ麻雀リーグ「Mリーグ」がサイバーエージ…
株式会社ささき

株式会社ささき

オンライン麻雀 Maru-Jan

オンライン麻雀 Maru-Jan

株式会社きちみ製麺

株式会社きちみ製麺

友だち追加 
ページ上部へ戻る