一般社団法人日本健康麻将協会30周年へ向けて中期計画を発表

この度、日本健康麻将協会が1988年の設立から数えて30周年へ向けて、中期計画をまとめたパンフレットを発行しました。

この中期計画は、今年度の総会において田邊会長が協会5ヵ年計画の策定として事業計画に挙げていたものをさらに発展させたものです。
この計画の中では、今まで健康麻将の普及を通じた社会福祉への貢献をさらに推し進めること、会員の皆さんにさらに多くの楽しみを提供すること、新しい健康麻将におけるコラボレーションの相手を模索することなど様々な目標・課題についてまとめられています。

日本健康麻将協会のことを知らない方には、その事業内容やこれからの目標について分かりやすく伝えるための資料として、また、協会内部では、これから具体的な事業計画を作成するためのガイドライン、バイブルとして活用していくこととなるでしょう。
もちろん、日本健康麻将協会について説明する必要がある新規事業を計画されている各支部長の皆さんにもご活用いただけるものとなっておりますので、その際には、お問い合わせいただければと思います。
(協会事務局)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2021年(令和3年)8月29日(日)、宮崎県宮崎市『シーガイアコンベンションセンター』にて第35回…
  2. 第35回国民文化祭・みやざき2020 第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会「全日本健康マージャ…
  3. 2021年(令和3年)8月1日(日)麻雀の日(パイの日)に、愛媛県松山市『KIT JAO』にて、四国…
  4. 東京No.1雀士を決める大会「第64回オール★東京麻雀競技大会」が2021年(令和3年)8月1日麻雀…
ページ上部へ戻る