Mリーガーと配信者による麻雀リーグ「神域Streamerリーグ」は2022年5月スタート

2022年3月30日、Mリーガーと配信者がオンライン麻雀「雀魂」を使って行う麻雀リーグ「神域Streamerリーグ」のドラフト会議が行われた。

これは、多井隆晴プロ・村上淳プロ・鈴木たろうプロ・松本吉弘プロというMリーガー4名がチームの監督となり、YouTubeで動画配信をおこなう配信者を3名ずつ指名してチームを作って戦う、新しいリーグ戦。配信者のレベルに関しては雀魂の段位によってランクづけをし、戦力の拮抗を図っている。

監督は雀力と発信力のあるVTuberを指名。ここから、5月の開幕に向けてさらに準備が進められるとのことだ。

 

ライター:東川亮

(麻雀界をメインに活動するフリーライター。観戦記・ニュース記事執筆からコラム、インタビュー、現場レポート、書籍構成・編集など、幅広い案件を手がけている)

関連記事

おすすめ記事

  1. オンライン麻雀『雀魂』が、リリース3周年を記念した「雀魂感謝際3rd」を2022年4月23日(土)1…
  2. U-NEXT Pirates・瑞原明奈プロが2022年4月20日(水)19時から放送されるTBS『東…
  3. Mリーグ・TEAM RAIDEN/雷電で活躍する黒沢咲プロ(日本プロ麻雀連盟)の著書『黒沢咲の 鳴か…
  4. 18周年を迎えたオンライン麻雀『Maru-Jan』。毎日約8000人で賑わう初心者から上級者まで自宅…
ページ上部へ戻る