Facebook

「第49回東京都段審麻雀競技大会」が6月12日、東京都港区新橋・ニュー新橋ビル「新雀荘」にて開催された。参加人数は60名。

大会は津島哲也・東京都麻雀業協同組合理事長の挨拶に続き、小林一蹴・東京都麻雀段位審査会委員長が競技ルールの説明を行い、50分打ち切り半荘4回戦の競技に入った。
3回戦目に上位6名の発表が行われた時には、1位と2位との差が少し離れていたが、2位以下6位までは混戦で、誰が勝者になるのかわからない展開でした。
すると3回戦に四暗刻、4回戦には国士無双と役満が2つも飛び出した。その結果、3回戦目に四暗刻をアガッタ角田英雄選手が見事に優勝。

4回戦目に国士無双をアガった吉田仁選手が準優勝という結果になりました。
第3位は福田部和弘選手となった。
なお、上位6名までの選手には、「第8回東京都知事杯麻雀競技大会」への参加資格が贈られた。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2021年(令和3年)7月11日(日)、宮城県仙台市『グランド麻雀ホール藤』にて開催された「第16回…
  2. 2021年(令和3年)7月11日(日)、宮城県仙台市『グランド麻雀ホール藤』において「第16回全日本…
  3. Mリーグの「KONAMI麻雀格闘倶楽部」は2021年(令和3年)6月25日(金)に開催されたファン感…
  4. 著名人の家族の歴史を本人に代わって取材し、「アイデンティ」や「家族の絆」を見つめるNHK総合で放送の…
ページ上部へ戻る