「第8回関西国際公式麻雀大会」全国各地から集結!

Facebook

毎年1回大阪で開催している「関西国際公式麻雀大会」が6月19日、大阪府大阪市「ブッキング青葉」にて開催されました。

この大会も今回で8回目となり、全国各地から40名の国際公式ルール愛好者が集まってくれました。
大会の結果は、樋崎信夫選手が見事優勝に輝きました。準優勝は小野寺克之選手、第3位は伊佐久代選手となりました。
この国際公式麻雀は、2000年に国際公式ルールが制定され、2002年に東京で第1回の世界麻雀選手権大会が開催されました。この大会には10カ国120名の選手が集まりました。

その後、2006年に中国で開催された第2回大会には18カ国180名の選手、2010年にオランダで開催された第3回大会には24カ国220名の選手が集まり、4年毎に順調に開催されてきました。
しかし、2014年にイタリアで第4回大会が開催される予定だったのですが中止になってしまいました。
現在ではこの大会の国際組織は止まったままとなってしまっています。

しかし、ヨーロッパだけで2年毎に開催されている大会は年々参加者が増加し、ヨーロッパ各都市で開催されているそうです。
この「関西国際公式麻雀大会」も8年間続いてきて、参加者の皆さまもとても熱心なのですが、日本ではなかなか国際公式麻雀の愛好者が増えていきません。

一度覚えると熱心にハマってしまう方が多いようにとても面白いものなのですが、少しハードルが高いのでしょうか?
そこで大阪麻雀連合会の石橋伸次郎理事長が国際公式ルールの愛好者を増やすために一汗かいて頑張ると力強く挨拶してくれました。
私も、この「関西国際公式麻雀大会」をはじめとして、大阪の地から国際公式ルールのブームを起こすべく、できる限りのお手伝いをしていきたいと思います。
(大阪麻雀連合会会長・木下裕章)

関連記事

おすすめ記事

  1. 「ねんりんピック秋田2017」健康マージャン交流大会 全4ブロックの優勝は、【大太鼓ブロック】篠山良…
  2. 「ねんりんピック秋田2017」健康マージャン交流大会 大接戦の末、団体戦優勝は神奈川県代表『やまゆり…
  3. 株式会社TBSテレビは須藤凜々花の後継を決める麻雀トーナメントの開催を発表した。 ーーー以下、…
  4. 日本プロ麻雀連盟のタイトル戦「十段位決定戦」の最終日が8月26日に開催され、藤崎智プロが見事連覇を達…
  5. 「麻雀って楽しいよね!」  麻雀を題材としたT Vアニメ『咲 -Saki』 の主人公宮永咲役とし て…
  6. 「第24回七夕杯東北麻雀チャンピオンシップ大会」が宮城県仙台市で開催。東北各地から248名の選手が参…
  7. ◎国内最大の文化の祭典「国民文化祭」に健康マージャンが参加! 7月10日、東京都において国民文化祭…
  8. 京都グリーン法律事務所(代表弁護士:津田岳宏)が主催する京都グリーンリーグの決勝戦が7月26日に大阪…
株式会社ささき

株式会社ささき

友だち追加 

ピックアップ記事

  1. 近代麻雀が主催する『シニア最強位決定戦』が9月13日、大阪市の鳳凰ショールームで開催された。 『シ…
  2. 「ねんりんピック秋田2017」健康マージャン交流大会 全4ブロックの優勝は、【大太鼓ブロック】篠山良…
  3. 「ねんりんピック秋田2017」健康マージャン交流大会 大接戦の末、団体戦優勝は神奈川県代表『やまゆり…
ページ上部へ戻る