新規客にマージャンの常識を教え、常連客にはわがままを言わせない

知識や経験の浅い人にもマージャン店で遊んでもらうようにするのはこれからを見た時に必要なことだ。昔の常識が通用しない初心者に店側はどう向き合うべきか—若手経営者Zさんに聞くシリーズ17回目。

・我慢強い日本人はマージャンに向いている
「おそらくマージャンは我慢が必要なゲームなのでしょう。しかもフリーの場合は知らない人同士で打つことになります」

・アガリ連荘は回転率を上げるための店の都合
「店が回転率を上げて売り上げを上げたいからやっているものだとは思いますので、お客様がそれを感じとってしまうルールにしたら、お客様はいなくなると思います」

※詳しくは「麻雀新聞」2010年9月号をご覧ください。

関連記事

おすすめ記事

  1. 厚生労働省は、今般の新型コロナウイルス感染症により影響を受ける事業主を支援するため、雇用調整助成金の…
  2. 令和 2 年 3 月 19 日新型コロナウイルス感染症対策専門家会議発表による「新型コロナウイルス感…
  3. 夕刊紙「夕刊フジ」が後援する 女流麻雀タイトル戦 「夕刊フジ杯争奪麻雀女流 リーグ2020」決勝戦開…
  4. 2020年(令和2年)3月17日(火)、東京都千代田区永田町『自民党本部リバティ4会議室』において、…
ページ上部へ戻る