新規客にマージャンの常識を教え、常連客にはわがままを言わせない

知識や経験の浅い人にもマージャン店で遊んでもらうようにするのはこれからを見た時に必要なことだ。昔の常識が通用しない初心者に店側はどう向き合うべきか—若手経営者Zさんに聞くシリーズ17回目。

・我慢強い日本人はマージャンに向いている
「おそらくマージャンは我慢が必要なゲームなのでしょう。しかもフリーの場合は知らない人同士で打つことになります」

・アガリ連荘は回転率を上げるための店の都合
「店が回転率を上げて売り上げを上げたいからやっているものだとは思いますので、お客様がそれを感じとってしまうルールにしたら、お客様はいなくなると思います」

※詳しくは「麻雀新聞」2010年9月号をご覧ください。

関連記事

おすすめ記事

  1. 京都グリーン法律事務所(代表弁護士:津田岳宏)が主催する京都グリーンリーグの決勝戦が7月26日に大阪…
  2. 平成29年7月18日(火)、東京都千代田区『和泉橋区民会館』にて、全国麻雀業組合総連合会は「第12回…
  3. 一般社団法人全国麻雀段位審査会主催「第12回全日本高段者麻雀競技大会」が7月9日(日)に宮城県仙台市…
  4. 今や、テレビ、インターネットを合わせる と、麻雀番組が放送されない日はないという時代となった。そんな…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

株式会社ささき

株式会社ささき

友だち追加 

ピックアップ記事

  1. 京都グリーン法律事務所(代表弁護士:津田岳宏)が主催する京都グリーンリーグの決勝戦が7月26日に大阪…
  2. 平成29年7月18日(火)、東京都千代田区『和泉橋区民会館』にて、全国麻雀業組合総連合会は「第12回…
  3. 追憶の麻雀
    麻雀新聞第209号 1992年(平成4年)12月10日まあじゃん時評変化こそが当たり前、…
ページ上部へ戻る