新規客にマージャンの常識を教え、常連客にはわがままを言わせない

知識や経験の浅い人にもマージャン店で遊んでもらうようにするのはこれからを見た時に必要なことだ。昔の常識が通用しない初心者に店側はどう向き合うべきか—若手経営者Zさんに聞くシリーズ17回目。

・我慢強い日本人はマージャンに向いている
「おそらくマージャンは我慢が必要なゲームなのでしょう。しかもフリーの場合は知らない人同士で打つことになります」

・アガリ連荘は回転率を上げるための店の都合
「店が回転率を上げて売り上げを上げたいからやっているものだとは思いますので、お客様がそれを感じとってしまうルールにしたら、お客様はいなくなると思います」

※詳しくは「麻雀新聞」2010年9月号をご覧ください。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2020年7月1日(水)、一般社団法人Mリーグ機構は、 2020年10月より開催予定の「Mリーグ20…
  2. 厚生労働省は6月24日(水)、今年10月31日から11月3日に岐阜県で開催予定だった「第33回全国健…
  3. 文化庁は6月23日(火)、今年10月17日から12月6日に宮崎県で開催予定だった「第35回国民文化祭…
  4. with新型コロナという日常の中での麻雀の必需品!ウイルス対策・飛沫防止麻雀卓用シートシールド『ジャ…
ページ上部へ戻る