渋谷麻雀業組合は2024年(令和6年)1月14日(日)、東京都渋谷区『渋谷エクセルホテル東急』にて「新年賀詞交歓会」を開催した。

会は落語家の三遊亭楽麻呂師匠の司会で進行。

最初に岡山康行・渋谷麻雀業組合会長が新年の挨拶を行なった。

 

【岡山康行会長新年挨拶】

「4年ぶりの新年会です。コロナが過ぎ去ったとはいえ、まだまだ根強く残っているようですから、マスクをつけてらっしゃると思います。本日は寒い中、お忙しい中、大勢の皆さんご来場していただきましてありがとうございます。本年もよろしくお願いします。皆さんご承知のように、去年はこの組合としてはもう大変な一年でございました。

まだお越しいただいておりませんが、長谷部区長は「いいね。それ! ハチ公カップいこう!」というお言葉をいただきまして。

何しろ急に決まったことなんで、役所の方々にも大変ご迷惑おかけしましたけども、終わってみれば大成功ということで、ご協力いただいた皆さんには本当にお力をいただいて、たくさんのご助力、ご支援、ご協力をいただきまして、この高い席からでございますが、厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。

で、一応役所の方もいらっしゃるんで、わざと小さい声じゃなくて大きな声で言いますけども。一応企画書は出しております。予算も出しております。ぜひ区議会でですね、この予算になりましたら、ひとつみんなが楽しめるように目いっぱいご協力、ご支援をいただきます。よろしくお願いいたします。

ということでお時間の許す限り、ご歓談いただければ幸いでございます。

まとめにご来席の皆さんのご健勝をお祈りいたします。

今日はありがとうございました」。

 

続いて、高橋常幸・東京都麻雀業協同組合理事長、長谷部健・渋谷区区長、丸川珠代・参議院議員、斉藤竜一・渋谷区議会議員、伊藤たけし・渋谷区議会議員、中村豪志・渋谷区議会議員、大澤一雅・株式会社渋谷サービス公社代表取締役が祝辞を述べた。

その後、青木敬一・一般社団法人日本健康麻将協会理事長の発声で乾杯を行い、歓談に入り、来賓の紹介が行われた。

続いて、余興として三遊亭楽麻呂師匠によるクイズ大会やこばなし、小林一就・東京都麻雀業協同組合副理事長によるシクラメン抽選会が行われ、会場は大いに盛り上がった。

その後、藤内史郎・東京都麻雀業協同組合副理事長の中締めに続いて最後に小池美穂・渋谷麻雀業組合副組合長が閉会の言葉を述べて新年賀詞交歓会はつつがなく終了した。

関連記事

おすすめ記事

  1. フォトグラファーでもある愛内よしえプロの 撮り下ろし写真で女流プロを紹介する 「MAHJ…
  2. 今回は、2023年(令和5年)11月18日〜19日に石川県金沢市で開催された「第38回国民文化祭 第…
  3. 2023年(令和5年)10月に開催された「ねんりんピック愛顔(えがお)のえひめ2023」の取材で愛媛…
  4. 東京都麻雀業協同組合(高橋常幸理事長)は2024年(令和6年)1月17日(水)、東京都港区赤坂『マリ…
ページ上部へ戻る