Special Interview 「マジですごい麻雀店の全貌!」 「キスケ KIT JAO」・愛媛県麻雀段位審査会 後藤 英介 | 麻雀新聞

Special Interview 「マジですごい麻雀店の全貌!」 「キスケ KIT JAO」・愛媛県麻雀段位審査会 後藤 英介

2023年(令和5年)10月に開催された「ねんりんピック愛顔(えがお)のえひめ2023」の取材で愛媛県を訪れた際、ようやく伺うことができた松山市にある『キスケ KIT JAO』。画像では見ていたし、噂にも聞いていたが、実際に目の当たりにした『キスケ KIT JAO』は本当に凄かった。これは愛媛県でも有数、そして日本でも有数、ということはもちろん世界でも有数の麻雀店ではないか!ということで、さっそく今回、『キスケ KIT JAO』の後藤英介さんにお話をお伺いし、この店舗の全貌とその魅力を語っていただいた。

※以下、(編)=編集、(後)=後藤英介さん

(編)本日はよろしくお願いいたします。

(後)こちらこそよろしくお願いいたします。

(編)いやぁ〜、噂には聞いていましたが本当にすごいところですね。

(後)ありがとうございます。

(編)なかなか、このような形で営業なさっている麻雀店というのは全国でも珍しいと思いますので、簡単に『キスケ KIT JAO』のご説明をお願いいたします。

(後)はい。『キスケ KIT JAO』は、愛媛県を中心に総合レジャーや不動産事業を行っている「キスケ株式会社」の事業の1つで、この「キスケ株式会社」が展開する複合アミューズメント施設『キスケBOX』内にある麻雀店となります。

(編)ということは、このビルにテナントとして《麻雀店》が入っているということではなくて、自社ビルの中で自社の事業の1つとしての《麻雀店》があるというわけですね。

(後)そうですね。この『キスケBOX』は、松山市の中心、 JR松山駅のすぐそばにあって、総面積19126㎡の中に天然温泉や岩盤浴、パチンコ、ゲームセンター、ボウリング、カラオケ、ボルダリング、キッズパーク、飲食店などが揃っていて、その中の1つに麻雀があるということですね。キャッチフレーズに「1日中、楽しめる場所を目指して」とありますが、ここに来れば本当に老若男女誰もが1日中楽しめると思いますね。

(編)東京とかですと繁華街の結構古めの小さな雑居ビルに麻雀店があるというケースが多いので、このように開放的で明るいアミューズメント施設の中に麻雀店があるのには本当にびっくりしますね。そして麻雀店というより、麻雀スペースといった方が良いような『キスケ KIT JAO』ですが、本当に清潔感があってとてもおしゃれなスペースですね。こちらも簡単にご説明いただけますか。

(後)はい。現在23室(34卓)で営業しております。その内訳は、大会やイベントなどの開催に特化したGルーム(12卓)が1室。廊下を挟んでそれを囲むようにVIPルーム(3室)・スタンダードルーム(19室)がレイアウトされていますね。どの部屋もすべて壁紙を変えて、空間を贅沢に使って、スタイリッシュでリラックスできる個室で麻雀を楽しんでいただけると思います。壁付TVも全室完備(Gルームは3台)しています。

(編)どの部屋もすべてオシャレでイメージも明るいですし、何よりもひとつひとつ の個室が広くて快適に麻雀が打てそうですね。もちろんトイレも拝見させていただきましたが、これもラグジュアリー感があって素晴らしいですね。そして何よりも感心しているのがこの清潔感です。この広いスペースをこれだけの清潔感でキープしているのは本当にすごいと思うのですが、清掃とかはどのように行っているのですか?

(後)このビル全体で清掃業者さんに入ってもらっているので、朝3時間くらいしっかりやっていただいております。もちろん卓掃はスタッフで行いますし、細かいところは自分たちもしっかり確認しています。この3階のスペースに移ってきて5年目になりますが、しっかり清潔感を保ってきていると自負しております。

(編)なるほど。そうだったんですね。それでは営業形態やサービスについてもご説明いただけますか。

(後)はい。基本の貸卓セットの他にも、いわゆる健康マージャンである「のんびりサークル」(月・金)、競技マージャン寄りの成績管理システムを採用したランキング制の4人打ちサークル「じゃおとん」(火・木・土・日・祝)、健康マージャン教室「のびる」(月・木・金)、「愛媛新聞カルチャースクール」(火・水・木)を開催しているので、麻雀の魅力をさまざまなカタチで体験できるようになっています。

(編)後藤さんが接客において大切していることはどんなことでしょうか。

(後)私がというより、「キスケ株式会社」全社員が共有しているものがあります。「遊びを通じて、喜びを創り続ける」というミッションを設定して、その目標を達成するために、さらに自身が成長するために社員は

①それは、お客様のためになるか。

②それ、やってみよう。

③自ら、楽しもう。

④自分だったら、どう思う。

を日々心掛けるようにしています。①はこれを第一の判断基準として、マニュアルはあってもマニュアルがすべてではないというものです。②は新しいチャレンジがなければ、何も生まれはしない。失敗したらまたチャレンジすればいい。③は自分が楽しんでしれば、おすそ分けできる。④は起こっているすべてのことを他人事ではなく、自分事として考えるということですね。そしてそのすべてのベースとして「迷ったら、お客さまのために。」があるというものになります。ですからすべてのスタッフにもこの心掛けを共有してもらって日々の接客業務を行ってもらっていますね。

(編)ありがとうございます。それでは今後お店や、後藤さんご自身でも良いですが、やっていきたいことや夢みたいなものはありますか。

(後)「キスケ株式会社」がとても大切にしてきていることが地域貢献です。これの一環ということで昨年の9月に『松山城公園・ふれあい広場』で「松山あおぞら健康マージャン交流大会」というものを開催しました。老若男女が青空の下、健康マージャンで交流するイベントです。このイベントの第2弾ということで、今度は大正浪漫を今に伝える、日本が誇るフランス風洋館として国重要文化財に指定されている『萬翠荘』のカフェテラスで健康マージャンというイベントを今年の春くらいに開催を予定しています。また、個人としては、愛媛県麻雀段位審査会会長として長年愛媛県の麻雀界に貢献してきた青野勝会長がやってきたことをしっかり引き継いで、松山市、そして愛媛県の麻雀をどんどん盛り上げていきたいと考えております。

(編)それでは最後に、『キスケ KIT JAO』のアピールをお願いいたします。

(後)「日本一の麻雀荘です!(きっぱり)アクセスも良く、個室をこれほど贅沢に使っているお店はないと思います。かゆいところに手が届く接客でお待ちしております。そして今年の春には『キスケBOX』2Fエリアに宿泊施設「サウナ&スパホテル喜助の宿 松山駅前店」がオープンし、ますます充実します。ぜひ一度全国各地から遊びに来てくださることをお待ちしております」。

(編)本日はありがとうございました。

(後)こちらこそ、ありがとうございました。

関連記事

おすすめ記事

  1. 今月も先月に引き続いて、サイドビジネスについて解説していきたいと思います。副業ブームの昨今、麻雀営業…
  2. 「麻雀コラム」第83回 麻雀大好き落語家の三遊亭楽麻呂師匠が 「麻雀」で現代社会を愉快に…
  3. 2024年(令和6年)3月1日(金)に刊行された『ピークアウト』(近代麻雀コミックス)第1巻は、『鉄…
  4. 3月といってもまだ底冷えのする午前5時の歌舞伎町。 短いコートやマフラーを羽織ってはいるものの…
  5. 現在、124団体(高校から大学の麻雀部およびサークル)の加盟団体ならびに約4565人の小学生から大学…
  6. 「麻雀店経営サポート」今月は、風営法許可後に起こるあれこれの出来事について詳しく解説していきます。特…
  7. 大好評連載「今夜、麻雀の楽しい未来を語りましょう!」。 こちらのコーナーを担当するのは、日本プ…
  8. フォトグラファーでもある愛内よしえプロの撮り下ろし写真で女流プロを紹介する 「MAHJONG …
  9. 日本最大のプロアマオープンタイトル戦「麻雀最強戦2024」がいよいよスタートした。2024年(令和6…
  10. 「明治安田生命保険相互会社」×「一般社団法人日本健康麻将協会」×「自治体」が協働!全国で健康マージャ…

Noshx麻雀新聞

株式会社ささき

株式会社ささき

オンライン麻雀 Maru-Jan

オンライン麻雀 Maru-Jan

ピックアップ記事

  1. 最高位戦日本プロ麻雀協会の 多喜田翔吾プロが麻雀AI「NAGA」の戦術をわかりやすく解説! &…
  2. 今月も先月に引き続いて、サイドビジネスについて解説していきたいと思います。副業ブームの昨今、麻雀営業…
  3. 3月といってもまだ底冷えのする午前5時の歌舞伎町。 短いコートやマフラーを羽織ってはいるものの…
ページ上部へ戻る