2013年度健康麻将全国オープン戦チャンピオン大会終了

Facebook

毎日開催している健康麻将全国オープン戦の優勝者のみに出場権が与えられる健康麻将全国オープン戦チャンピオン大会。
この大会の最大のお楽しみは上位2名に入ることで健康麻将名人戦への出場権が与えられるということです。
健康麻将名人戦は毎年3月に開催し、俳優の宝田明さんやマージャンプロの小島武夫さんなど各界の著名人が参加され出場者24名で行われる豪華な大会です。
また、名人戦への出場権だけでなく、有段者大会と同様、上位30%に入賞した方には健康麻将段位の昇段申請権利が与えられることも魅力の一つです。

この健康麻将全国オープン戦チャンピオン大会は、今まで予選を複数開催し、上位数名が決勝の日に参加できる2段階方式を取っていましたが、より広い地域から出場しやすいように、一日で決着がつく形式に変更となりました。
また、一日で決着がつくことについて、参加選手の絶対数を極力減らさないよう一日の定員を増やし、淡泊な大会にならないよう、今まで4回戦だったものを5回戦に増やすこととしました。
今年度の大会としては、まず1月19日(日)2012年度下半期の健康麻将オープン戦優勝者を対象とした第4回大会を、続けて1月25日(土)に2013年度上半期の優勝者を対象とした第5回大会を開催しました。
次回以降は、同様に一日で決着のつく大会形式で、半年毎に1回開催していく予定です。

さて、大会の成績は長野天心所属選手が大活躍。
第4回は川尻一恵二段、第5回は若林征彦五段が見事優勝され、2013年度のチャンピオンは長野天心が独占することとなりました。
おめでとうございました。
名人戦の出場権はそれぞれの大会で2位に入られた品川広場所属の高橋浩佑さんと越谷ジャン所属の橋本光昭さんにも送られました。
皆さんの健康麻将名人戦でのご活躍を3月31日「KKRホテル東京」でお待ちしております。

関連記事

おすすめ記事

  1. 追憶の麻雀
    麻雀新聞第215号 1993年(平成5年)6月10日女子大生の雀荘リポート…
  2. 平成29年7月18日(火)、東京都千代田区『和泉橋区民会館』にて、全国麻雀業組合総連合会は「第12回…
  3. 追憶の麻雀
    麻雀新聞第209号 1992年(平成4年)12月10日まあじゃん時評変化こそが当たり前、…
  4. 一般社団法人全国麻雀段位審査会主催「第12回全日本高段者麻雀競技大会」が7月9日(日)に宮城県仙台市…
  5. 一般社団法人全国麻雀段位審査会主催「第12回全日本高段者麻雀競技大会」が7月9日(日)に宮城県仙台市…
  6. 全国麻雀業組合総連合会特別顧問である菅原勝治氏の叙勲を祝して、『菅原勝治氏・叙勲を祝…
  7. 今や、テレビ、インターネットを合わせる と、麻雀番組が放送されない日はないという時代となった。そんな…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

株式会社ささき

株式会社ささき

友だち追加 

ピックアップ記事

  1. 平成29年7月18日(火)、東京都千代田区『和泉橋区民会館』にて、全国麻雀業組合総連合会は「第12回…
  2. 追憶の麻雀
    麻雀新聞第209号 1992年(平成4年)12月10日まあじゃん時評変化こそが当たり前、…
  3. 一般社団法人全国麻雀段位審査会主催「第12回全日本高段者麻雀競技大会」が7月9日(日)に宮城県仙台市…
ページ上部へ戻る