一般社団法人日本スポーツ麻雀協会第3回統一チャンピオン決定麻雀大会

Facebook

一般社団法人日本スポーツ麻雀協会が主催する「第3回統一チャンピオン決定麻雀大会」が1月25日・26日の両日、愛知県の「麻雀富士クラブ」で開催された。

この大会は、愛知県・京都府・千葉県の各支部で毎月行なわれる予選の1年間の成績上位者8名が選抜されて戦vol.15う大会となっている。
2日間で全10半荘の大熱戦の末、第3回の統一チャンピオンの座は、野中実選手(愛知県)が獲得した。なんと野中選手はこれで大会2連覇となった。
以下全成績は、準優勝が打田朋義選手(愛知県)、第3位が村木靖剛選手(京都府)、第4位が宮内一行選手(愛知県)、第5位が井上明選手(愛知県)、第6位が松本力選手(千葉県)、第7位が山道和昭選手(京都府)、第8位が長谷川一雄選手(千葉県)だった。

関連記事

おすすめ記事

  1. 著名人の家族の歴史を本人に代わって取材し、「アイデンティ」や「家族の絆」を見つめるNHK総合で放送の…
ページ上部へ戻る