第18回青雀旗争奪全国大学対抗麻雀選手権大会

「第18回青雀旗争奪全国大学対抗麻雀選手権大会」(主催=毎日新聞社、日本学生競技麻雀連盟)は10月14日、大阪市天王寺区の「クラブ天山閣」で開催された。

参加選手は、「セガネットワーク対戦麻雀MJ5エボリューション」や「オンライン対戦麻雀ゲーム天鳳」で行なわれた予選会などをふくめ、全国40会場の予選を勝ち上がった34大学56チームの112名。
また、今大会から競技の模様を「ニコニコ生放送」でインターネット生配信をするという試みも開始された。

50分打ち切り半荘4回戦の結果、見事優勝に輝いたのは、東北大学(木村柊太・渡辺知隼ペア)だった。
準優勝は早稲田大学(細淵雄一朗・山崎達哉ペア)、第3位は愛知大学(堀川健太・大東宏隆ペア)となった。
個人部門の優勝は、ペアでも優勝を果たした東北大学の木村柊太選手だった。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2021年(令和3年)7月11日(日)、宮城県仙台市『グランド麻雀ホール藤』にて開催された「第16回…
  2. 2021年(令和3年)7月11日(日)、宮城県仙台市『グランド麻雀ホール藤』において「第16回全日本…
  3. Mリーグの「KONAMI麻雀格闘倶楽部」は2021年(令和3年)6月25日(金)に開催されたファン感…
  4. 著名人の家族の歴史を本人に代わって取材し、「アイデンティ」や「家族の絆」を見つめるNHK総合で放送の…
ページ上部へ戻る