第4回松山城下健康マージャン交流大会

一般社団法人全国麻雀段位審査会

去る6月28日、「第4回松山城下健康マージャン交流大会」が愛媛県松山市「キスケ麻雀JAO」にて開催された。主催は全国麻雀段位審査会、後援は松山市・愛媛新聞社・南海放送・愛媛CATV、協賛はキスケ株式会社・㈱四国ジャボ・愛媛雀友会。

この大会は、高齢者の方々の友達づくり・生きがいづくりや認知症や介護予防対策としての健康的なマージャンによる脳の活性化を目的に、この大会を通じて交流を深めながら、マージャン競技のマナー・品格・技術の向上を図るとともに、牌に触れることにより人と人との協調性・社会秩序を養うことを目的としている。
今大会は、小島武夫プロをゲストに迎えて、愛媛県・香川県・高知県・徳島県・広島県から総勢92名の方が参加して50分打ち切り4回戦を戦った。
大熱戦の結果、神野泰輔選手が優勝に輝いた。
準優勝は浅井辰郎選手、第3位は住田和子選手となった。
また、この大会の運営をつとめる青野勝・愛媛県麻雀段位審査会会長が「愛媛新聞」にて紹介された。
青野氏は紙上において、「ねんりんピック」などを例に挙げてシニア層を中心に全国的に健康マージャンが人気を集めていることや、また、そのことによってマージャンのイメージが一新され、女性の愛好者が増加していることなどについて語った。

関連記事

おすすめ記事

  1. 「Mリーグ」2020シーズン開幕&映画『打姫オバカミーコ』独占公開記念 映画初主演の須田亜…
  2. 2020年7月1日(水)、一般社団法人Mリーグ機構は、 2020年10月より開催予定の「Mリーグ20…
  3. with新型コロナという日常の中での麻雀の必需品!ウイルス対策・飛沫防止麻雀卓用シートシールド『ジャ…
ページ上部へ戻る