「第1回雀サクッCUPin中部」初代王者は西一壽さん!

4月17日、大阪府大阪市の「雀サクッ事務局内対局室」

において「第1回雀サクッCUPin中部」(主催:雀サクッ、後援:中日新聞)の決勝が行われた。
この大会は日本の地理的中心、あらゆる文化や娯楽が栄える中部地方において、一般ユーザー主導の麻雀文化振興を目指すという理念のもと、中部地方の予選開催店舗で2〜3月に予選を開催し、その代表選手によって決勝を戦い、初代王者が決定するというものとなっている。

今回予選が開催された6店舗から各2名全12名の選手が決勝戦に参加した。
「麻雀ギルド」代表の高橋さん、タツさん、「フリー麻雀荘PLAYBALL」代表の新田さん、かずまさん、「マーチャオχ」代表の山本潤さん、長谷川卓也さん、「麻雀クランキー」代表の大澤憲司さん、稲垣翔紀さん、「麻雀荘ほあろん」代表の渡辺さん、バッチさん、「フリー麻雀ひまわり」代表の池亀民紘さん、西一壽さんの12名でまず予選の3卓を戦う。各卓トップの3名は決勝卓に進出し、敗退者上位4名によってワイルドカードを戦い、トップ者が最後の決勝枠1席を獲得し、決勝卓が戦われることになる。
決勝卓に進出したのは、かずまさん、大澤憲司さん、高橋さん、西さんの4名。
大熱戦の結果、初代王者に輝いたのは「フリー麻雀ひまわり」代表の西一壽さんとなり、優勝賞金の20万円を獲得した。準優勝は「麻雀ギルド」代表の高橋さん、第3位は「麻雀クランキー」代表の大澤憲司さん、第4位は「フリー麻雀荘PLAYBALL」代表のかずまさんとなった。
今回この大会は、「ニコニコ生放送」と「AbemaTVFRESH!」をつうじて生配信され、多くの麻雀ファンに視聴された。
また、この大会は今後も継続的に年4回(春夏秋冬)の開催を予定しているので、中部地方の麻雀店舗で興味のある店舗様は、お客様へのサービスの一環として参加を検討してみてはいかがだろうか。

関連記事

おすすめ記事

  1. 厚生労働省は、今般の新型コロナウイルス感染症により影響を受ける事業主を支援するため、雇用調整助成金の…
  2. 令和 2 年 3 月 19 日新型コロナウイルス感染症対策専門家会議発表による「新型コロナウイルス感…
  3. 夕刊紙「夕刊フジ」が後援する 女流麻雀タイトル戦 「夕刊フジ杯争奪麻雀女流 リーグ2020」決勝戦開…
  4. 2020年(令和2年)3月17日(火)、東京都千代田区永田町『自民党本部リバティ4会議室』において、…
ページ上部へ戻る