Facebook

東京都麻雀段位審査会は「第44回東京都段審麻雀競技大会」を9月7日、東京都港区新橋・ニュー新橋ビルの「新雀荘」にて開催した。

開会式は津嶋哲也・東京都麻雀業協同組合理事長の挨拶で開会。
競技ルールの説明に続いて競技に入った。
参加人数は60名。大会は50分打ち切り半荘4回戦。
熱戦の結果、見事優勝に輝いたのは徳光尊選手だった。
準優勝は下田日佐志選手、第3位は高野克男選手、第4位は大坪清三選手、第5位は可児忍選手、第6位は有川豊選手となった。
なおこの上位6名には10月19日に開催される「第6回東京都知事杯麻雀競技大会」への出場資格が贈られた。

関連記事

おすすめ記事

  1. 厚生労働省は、今般の新型コロナウイルス感染症により影響を受ける事業主を支援するため、雇用調整助成金の…
  2. 令和 2 年 3 月 19 日新型コロナウイルス感染症対策専門家会議発表による「新型コロナウイルス感…
  3. 夕刊紙「夕刊フジ」が後援する 女流麻雀タイトル戦 「夕刊フジ杯争奪麻雀女流 リーグ2020」決勝戦開…
  4. 2020年(令和2年)3月17日(火)、東京都千代田区永田町『自民党本部リバティ4会議室』において、…
ページ上部へ戻る