関西発 三人打ち麻雀SDA 最強戦決勝!!

関西発、三人打ち麻雀SDA 最強戦決勝!!

 4月5日(木)、関西の三人打ち麻雀の最強を決める、「SDA 店舗最強戦」が開催された。SDAとは、関西で発足した三人打ちのプロ団体で、関西圏に多数存在する三人打ち専門の雀荘によって運営されている。
 三人打ちの面白さを広める、認知してもらう、ということを標榜に、同時に麻雀のイメージアップも図りながら、団体内リーグ戦や様々な活動を行っている。

 本大会は、「SDA(日本三人打麻雀協会)の協賛店舗内のスタッフやお客様の中で、最強は一体誰なのか?!」というコンセプトの下、全対局をネットで全国配信することによって、三人打ち麻雀自体の広報と、SDA協賛店舗の宣伝などを目的としている。

 4月5日以前にも、2月後半から準決勝や予選が行われており、参加店舗は30近くに上る。
 決勝へ進出したのは、その内、エイト・どすこい・star7の3店舗。決勝卓は東南戦9半荘の長丁場の末に雌雄が決した。
 序盤は、エイトがスコアを伸ばし、それに追従する2店舗であったが、中盤からstar7が抜けだした。そしてその勢いのまま和了を重ね、見事優勝を勝ち取った。

 三人打ち麻雀は、関西圏では主流のローカルルール、というイメージが強いものの、近年では東京など関東圏でも浸透しつつある。多種多様なルールの麻雀が親しまれているということは、麻雀という文化が成熟している証だろう。

 なお、SDA店舗最強戦の全試合スコアは公式HPで閲覧できる。また、決勝・準決勝の対局内容については、ニコニコ動画・FRESH! にてタイムシフト視聴できる。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2021年(令和3年)8月1日(日)麻雀の日(パイの日)に、愛媛県松山市『KIT JAO』にて、四国…
  2. 東京No.1雀士を決める大会「第64回オール★東京麻雀競技大会」が2021年(令和3年)8月1日麻雀…
  3. 東北のナンバーワン雀士を決める大会「第28回七夕杯東北麻雀チャンピオンシップ大会」が2021年(令和…
  4. 2021年(令和3年)8月1日(日)の麻雀の日(パイの日)、愛媛県松山市『KIT JAO」にて四国ナ…
ページ上部へ戻る